今日見た夢の話

どういう経緯だったか忘れましたが、
私は靴をどこかに忘れて帰ってきてしまいました。

心当たりのある場所まで、裸足のまま戻ることにしました。

道に落ちていた1.2mくらいの木の棒を立て、
なんか、妙な乗り方で…またがってるんだけど、垂直に立ってる、みたいな。
その体勢で、棒のしなりを利用して、跳ねるように移動しながら
目指す場所へと向いました。

車も通らない川沿いの田舎道で、川の向こうには一面水田が続いてます。
道中、犬を散歩させてる人が多数すれ違いました。
そのためか、道にはけっこう犬のフンが落ちてて、裸足の私はちょっとゲンナリ。

途中、犬を連れた少年に木の棒をナチュラルに奪われました。
変わりに何かを手渡されて、何も考えずに受け取った私は、
両手に付いた砂を払おうとして、その手に持ってた何かを
口に咥えて、空いた両手で砂を払いました。

今更ながら口に咥えてる何かが何なのか気になって、
手にとって見てみると、平たく長い犬のしっぽのようなものでした。
「うわっ」と思って捨てました。

少年に棒を取られたので、
そこからは仕方なく裸足で歩いて行きました。

途中、何を思ったか、
川の向こう側へ渡り、川と田んぼを隔てる土手のようなところを歩いて行きました。
幅は片足の幅より少しあるくらい。
途中、何か妙なモノを踏みました。
グレーと茶色の縞模様の毛皮みたいなのが、土手を覆うように2ⅿくらいの長さで。。。
その上を踏んで渡り切ってから気付きましたけど、どうやらソレは
そういう動物だったようです。犬か猫みたいな。
さっき捨てたしっぽのような何かも、同じ毛色だったので、
どうやらその生き物のアレみたいです。

やがて田舎の公民館みたいなトコに付いて、
その横の木の根元に汚い運動靴が何足か転がってました。
その中の見覚えあるヤツを拾ってみましたが、
よく似てるけど微妙に違ってました。

そこへ母親が現れて、靴が見つかったかどうか訊かれました。

そのあとどうなったのかはわかりません。


以上、今日の昼休みに椅子で寝てて見た夢ですけど、
寝てたのは大体15分くらいですが、けっこう長く感じました。

オチは無いです。すんません。。。
(久々にヘンな夢だったので…)
[PR]
by yosssinglink | 2010-01-21 01:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosssy.exblog.jp/tb/13536616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 同人誌『こたつのうらがわ2』に... 2010明けましておめでとうご... >>