『阿修羅城の瞳』

コレも観てみました。
とりあえず、特筆すべき点としては、音楽が菅野よう子だってトコでしょーか(笑)。
あと一番の見所としては、市川染五郎の活き活きとした演じっぷりですかねぇ。
それだけっちゃあソレだけっスねぇ(爆)。
まぁ、コンスタンティンを見た直後だから目に付いたコトかもしれませんが、
邦画を見るたび思うのは、特撮のチープさですねぇ。
そりゃあ、予算が全然違うんだから当然ですけど、
なんかセンスまで安っぽいというか…。
この映画なんかは特にエフェクトがなんかバラエティっぽい安さでシラけます。
どーしてああなんですかね…?
間緑の妖気とか、蛍光グリーンの血とか…赤い糸の術(笑)も、なんでか赤外線レーザーみたいなカンジで…スマスマとかうたばんとかのレベルなんですよねぇ…いや、センスが。
復活した阿修羅なんか、もうギャグそのものでした。
前の晩に見たスマステーションで、稲垣五郎が酷評してたけど、ホントその通りでした。
市川染五郎を堪能する映画ですね。
[PR]
by YosssingLink | 2005-05-02 03:45 | 映画(△) | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://yosssy.exblog.jp/tb/1662683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from xina-shinのぷち.. at 2005-05-02 18:58
タイトル : 「阿修羅城の瞳」劇場にて
土曜に引き続き日曜日にもファボーレ東宝で二作品見てきました。『阿修羅城の瞳』と『コーラス』の二つです。 まずは『阿修羅城の瞳』から。 主演は「宮沢りえ」と「市川染五郎」。脇を固めるのは「樋口可南子」、「小日向文世」、「内藤剛志」、「渡部篤郎」の面々。エンディングテーマは「スティング」 江戸町民文化が華開いた文政のころ、芝居小屋中村家の戯作家『四世鶴屋南北(小日向文世)』は人気役者『病葉出門-わくらばいずも-(市川染五郎)』の舞台を見ながら平穏無事な日々に飽いたことを愚痴ていた。 ある日『出門』は...... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2005-05-02 19:25
タイトル : ★「阿修羅城の瞳」
劇団☆新感線で上演され大ヒットした同名の舞台劇を映画化。 予告を見て面白そうだったので「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」 見たあと、続けざまに鑑賞。 2005年日本製作のロマンス・アクション・時代劇、130分。 あらすじ 江戸時代・・・平穏そうな町にも人間の姿を借りた魔物=鬼がはびこっていた。 見つけちゃぁ、叩き切ってたのが闇奉行と言われていた組織・「鬼御門」。 そこの一番の腕利き=鬼殺しの異名をとっていたのが病葉出門(わくらばいずも)。 しかし、出門は五年前の事件以後鬼殺しを引退・・・今は歌舞...... more
Tracked from 映画好き集まれ at 2005-05-03 01:32
タイトル : 映画
キーワード:映画★「サツキとメイの家」の予約方法/となりのトトロ★ 3/25に、開幕しましたね。。。愛・地球博の「サツキとメイの家」の予約方 法が、 ハガキに入場券の番号を書いて送ってもらって、 抽選する方法に変 更になったようですね。良かったと思います。1つ... more
<< 『ハイド・アンド・シーク 暗闇... 『コンスタンティン』 >>