○ァッキン!モスキ~ト~

昨日、耳のすぐそばにて、あの夏の風物詩とも言うべき的な、不快指数MAX請け合いヴォイス(いや、ノイズだろっ)がコダマ(?)した。

「プぅぅう~ンンんン…」

って、アレですわ。蚊ですよ。蚊。

うわー。もうそんな季節ですか?

あ゛-。もう!
あの耳元でプ~ンてやられると、ホント、ハラ立つっスね~。
しかも、振り返ったらもう居ないし!
目の前を飛んでたかと思うと、突然視界から消えたりしますね。忍か!?ニンジャかワレコラ!

んで、同じ空間に蚊がいやがるんだと知ってしまったら、もうヤツをこの手で叩き潰すまで
何一つ手につきません!

うわー。もう落ちつかねー!なんだか全身がカユイ錯覚に堕ち放題!祭りだ!(?)
でも探して見つけられるもんでもなくて、待ってることしか出来ないんだなぁ…
現地妻みたいな心境(なんじゃそりゃっ)。

まぁ、その後、何度かの死闘を征してヤツの息の根止めてやりました。
壁に留まってると、壁紙が汚れるのを気にして思い切り叩けないときがあります。
でも躊躇はいけませんね。
そんな風に何度かチャンスをフイにしたあげく、迷わず渾身の一撃を放った際に、仕留めることが出来ました。コレは人生にも通ずるひとつの教訓ですかね。(通ずるか…?)

んで、忌まわしき蚊が飛翔する季節になったのかと思った矢先、
今日はなんでこんなに寒いんじゃい!
アホか地球!あ!違うわ、人間がアホなんじゃー!(しまったー!)。

金鳥の夏。日本の夏。(シメ?)
[PR]
by YosssingLink | 2005-05-11 23:25 | 日記
<< イトーヨーカドーのCM。 売れるマンガには毒がある? >>