『THE RING2』

Jホラーの傑作(?)、『リング』がハリウッドでリメイクされ、
遂には完全オリジナル脚本で続編が作られましたとさ。
そして監督はオリジナル版『リング』の中田秀夫監督。
同氏監督の作品『仄暗い水の底から』も『ダーク・ウォーター』というタイトルで
リメイクされます(予告編見ました)。
↑あ。コレは監督は別みたいですけどネ。

んで、本題ですが、
今回、生き延びた母子にまたまたサマラちゃんが憑いて廻ります。
サマラちゃんの狙いは息子に憑依しての転生…?
果たしてナオミ・ワッツはサマラちゃんの怨念から息子を救えるのか~?!

てなハナシです。

冒頭は御馴染み(?)、バカップル(失礼)が例のビデオで殺られるシーンから(笑)。

呪いはまだ終わっていなかったっ?!(爆)。

事件を知ったナオミ・ワッツ(いえ、役名はレイチェルです(笑))は
ビデオテープを焼却処分。しかし…!?


今回、まぁ、見所はいくつかありますが、私が一番気に入った(?)のは
クライマックスの井戸を登るサマラちゃんです(笑)。
フリーロッククライマーもSASUKEオールスターズも舌を巻く(ベタな表現)豪快なクライミング。
アレは実際に役者がやってるんでしょうか?それともCG?
どっちにしても見事です。
アレを演技指導したヒトもアッパレ。

それでわ、こっから先はネタバレ記事です。
(ご覧になる方は空白部分をドラッグしてください~。)


まぁ、ネタバレというか、ツッコミというか文句というか(爆)…。
個人的に「うーん…。」と思ったコトとかを(汗)。

今回は早々にビデオが処分されてしまい、そこからは例のルールが完全無視になってしまいます。
まぁ、前作とは違う展開を考えれば…ってコトなんでしょうか?
しかし、あのルールこそが『リング』そのものだったのに
今回のはただの幽霊話(?)ってカンジなんスよね…。
やっぱ「ビデオを見たら7日以内に…」とか、そういうルールが無いと
緊張感も無いし。
あ。緊張感と言えば、今回、母子がサマラちゃんに馴染み過ぎてて
コレまた緊張感ありません(笑)。
まぁ、サマラちゃんの秘密を探っていく展開だから、必然かも知れませんが、
ちょっと慣れ親しみ過ぎなんでない?
もう見てても「どーせ死なないし」っていう空気みたいなのが感じられて
全然ハラハラとかしません。
サマラちゃんが、近所の引き籠りがちな女の子とかに見えてくるんですけど(笑)。

あと、中盤、静か過ぎて眠気との闘いでした(オイ)。
この辺はやっぱり日本人監督のサガか…。
良く言えばトーンを抑えた演出なのかもですが、
たとえ人が死んだとしても、遠目には(?)全く何も起こっていないように見えるので困ります。
はっきり言ってこっちは眠いんです(いや、ただ寝不足なだけでわ…?)。
↑眠気を吹っ飛ばすくらいの吸引力が欲しいですね(ワガママですか?)。

それから中田監督お得意の水浸し演出も、さすがにもう飽きました(爆)。
もう不気味さというより、清涼感(笑)?
水がキレイ過ぎるのでわ…?

あ。あと、冒頭タイトルコールが無いので「…あれ?」って思いましたが
ラストに持ってきましたか。
まぁ、おもしろいですけど、コレって最近いろんなので見かける手法ですね。
この映画でやる意義もよく分かりませんが…?


つーカンジです。
私としては、もうちょい激しいのを希望。
『仄水』的な母子ドラマってカンジ。そーゆーの好きな方向けかな…?
[PR]
by YosssingLink | 2005-07-03 13:49 | 映画(△)
<< 『ダニー・ザ・ドッグ』 『フォーガットン』 >>