『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』感想

12/18(金)、ついに公開されたSWの新作、
いつ観に行こうか悩んだ挙句、結局その日の深夜のレイトショーに
行ってきたわけですが、翌朝始発で帰宅して、いつの間にか寝て起きてを
繰り返して夕方になり、TV観ながら感想考えて今に至る…(;・∀・)

んで、最近、映画の感想はツイッターで適当に済ましてますが、
今回色々思うところもあり、かつネタバレ不可避だったり
これから観る人に変な先入観を及ぼすかもなので、2年以上放置してた
ブログにでも書くことにしました。

では以下感想など。


旧三部作の続編に当たるエピソード7。
今回新たな三部作ということで、全体で9部構成の構想からなる
SWサーガの残りの3篇がついに映画化されるわけですな(;・∀・)
製作脚本監督はTVシリーズ『LOST』や近年の『ミッション・インポッシブル』
シリーズのJJエイブラムス。新生スター・トレックも手掛けて話題になりましたな。

程良い期待と不安の中、ついに上映開始… 
お馴染みのグリーンに輝くルーカスフィルムロゴが出て、
「遠い昔、遥か遠い銀河系のどこかで…」のフレーズ…そして例のテーマ曲と共に
タイトルロゴがどーんと出ると、なんかそれだけでもう目頭が…(;∀;)
これで20世紀FOXロゴがあれば完璧なんだが…

タイトルコールの後はお馴染みの粗筋ロール。からの~
さぁカメラが上からぐいっとパンしてスターデストロイヤーがどーん!
ここまでお約束通りですな(;・∀・) よっしゃよっしゃ

まぁそんなこんなでテンション上げつつ話が進んで行きますが、
Xウィングが、ファルコン号が、ハン・ソロが出てくるとキャーってなりますね。
旧世代としてはそういったスター要素が出てくるだけでアガります。

本作の印象として、いくつか気になったことなど。
旧作では割と平面的なカットが多かったが、本作では奥行のある構図や
ダイナミックかつアクティブな(?)カメラワークが多用され、
進歩的である反面、あまりSWらしくないような気も…(;・∀・)
あと、今回ロケーションが割と現実世界に近い感じで、リアリティがある反面、
異世界感が薄いような気も…
背景がほぼCGだったEP1~3は悪い意味でヴァーチャル感があったものの、
あれがSWの世界でもあったのでこれも賛否両論かな。

現代技術で進化した空中戦描写はよりリアルで迫力ありましたが、
旧作の特撮感も割と好きだった…ってコレはただの懐古厨か(;・∀・)
まぁ大画面でたっぷりと観れて良かったです。




------------------------------------------

(※ここからはネタバレ満載注意!
これから観る予定の人は読まない方がよろしいかと。)

------------------------------------------

…と、ここまでは主に良かった点を書きましたが、
実は正直けっこう不満に思ったことが色々ありました。
トータルでそんなに悪くは無かった…のかもしれませんが、
なんというか…これが公式な、正当な続編ということになると、
本当にこれで良かったのかと思わずには… (;・∀・)

確かに、単純にSWの新作が拝めて嬉しいという想いはあり、
ファルコン号だ!ハン・ソロだ!R2-D2うおおおお!!
ってなるけども、印象としてはそれだけなんだよなぁ…
あまりに旧作の威光に頼り過ぎていて…
まぁ旧来のファンにとってはそれが正しいのかもしれないけど…、
果たして新規のお客さんは満足出来ているのだろうか…?

とは言え、完全に続編なわけだから、旧シリーズを観ておかないと
ちゃんと楽しめないのは当然と言えば当然だけど、
そういうことだけではなくて…

具体的には、今回初登場の新キャラや新要素がどれも魅力薄で、
完全に旧要素に負けている…(;・∀・)
これは単に私が旧ファンだからそう見えるだけなのかな…?
いや、そうではないと思います。
後発のEP1~3でもダースモールやメイス・ウィンドウ、
セブルバやグリーバス将軍、ドゥークー伯爵など、
印象的な新キャラ多数でしたが…ぁ、悪目立ちでしたが
ジャージャービンクスなんてのも居ましたね(;・∀・)

本作は単体で観ても、一番キャラ立ってたのはハン・ソロやファルコン号だし、
まぁそれは正しいとは思うけど、
新たな三部作を背負って立つであろうレイやフィン、ポーらが
揃いも揃ってキャラが薄い!
一番キャラ立ってる暗黒側のレンですら何だか今一つ…(;・∀・)
もっと圧倒的な強さやカリスマ性があった方が良かったのでは…
そういう意味ではマスクを取るのは早かった気がします。
ていうかなぜマスク?単にベイダーへの憧れだけ?
そういうところもちょっとキャラが弱いかなって。

あとBB-8は完全にR2-D2の代役ですが、デザインがあまり…
ってコレは好みの問題かな…(;・∀・)
行動を見てもR2を超える個性は感じられませんでしたし。

まぁハン・ソロやファルコン号を立たせるのはいいとして、
ファルコン号を人馬一体の如く華麗に操るシーンが一切無かったのも
大いに不満でした。
久々にファルコン号に戻ってきて、水を得た魚のごとく
新参者に見せつける形で操縦テクを見せてほしかったのに…
見れたシーンといえば、
初めて操縦する小娘が下手な操縦でボコボコにしたかと思えば、
秘められたフォースの導きで即座に乗りこなしてしまうとか…
これはぜんぜん嬉しくない!(;・∀・)
まぁわかりますよ?
レイのフォースの才能を仄めかす演出だったんでしょ?
しかしなぁ…だったらその後、ソロ船長が華麗に操って
タイファイターを蹴散らす場面があったっていいだろー…
ソロの立場が無いじゃないか…

あと、ジェダイの修行も積んでないレイやフィンが
ハイクラスなシスと思しきレンと戦えてしまうのも
パワーバランス的にどうなのか…(;・∀・)
というか、過去作ではアナキンもルークも共に天才の血筋でありながら
散々修行してその境地に辿りついたというのに、ノン修行のレイが
あっさり開花しちゃったりして、修行とは何だったのか…ってなるでしょうが。

そういう意味で、色々先走り過ぎたんじゃないかと。
レンがマスク取るのも早いし、親父に会って退場させるのも早いし、
ジェダイのタマゴと対決して負けるのも早い…!
いや、その辺、今後の展開で帳尻合うようになるのかな…?(;・∀・)

あと、全体的にドラマチックが足りない…同じ展開でも演出次第で
もっとエモーショナルに盛り上げられると思うのです。(;・∀・)
例えば、敵に捕まった!ピンチ!→助けに来たぜ!っていうような場面でも
間の取り方とか、キャラの言動でグッと盛り上げられるハズ、が…
本作ではその辺りがどれもあっさりしてて、流れ作業のよう…(;・∀・)

まぁそんなワケで、復刻的喜びは有りつつも、
なんか燻るものも多々あって、素直に万歳とは行かなかったんだなぁ…
上映後にどこからか拍手が起こって、つられて拍手しましたけど、
喝采ではなくパラパラとしたものだったのは、
みんなその辺引っ掛かってたんじゃないかな…?

残り2作で挽回なるのかどうかと考えると…どうだろうなぁ…
今回同様、可も無く不可も無くっていう出来になるんじゃないかと予想。
というのも、そもそも私、元々JJエイブラムスには
あまり良い印象は持っていないので…(控えめな表現)(;・∀・)

個人的に『クローバーフィールド』『スタートレック』はまぁ良かった。
けどそれ以外はダメかなぁ…
特に『LOST』『MIシリーズ』が…、『SUPER8』なんか最悪だったな。
勝手な偏見ですけど、彼の仕事は
ドヤッてコレジャナイを連発するような感じというか…
そういう逆撫でしてくる節があるような気がして…(;・∀・)
※あくまで個人の感想です。

まぁでも世間的にはすっかりヒットメーカーになってますけど…
なので彼がSW撮るって聞いたときは私は正直落胆でしたなぁ…
まぁでも今回はそこまで悪くは無かったですけど…
若干引っ掛かる点が幾つもある程度で。

とりあえず最後まで観るつもりですけどね。

あと、関係無いですが、劇中でライトセーバーを手渡すシーン。
みんな刃先(光線が出る方)を相手に向けて渡すんだよね…(;・∀・)
気になるわ~・・・
子供の時、ハサミの手渡し方とか教わらなかった?
向こうにはそういう文化(?)が無いのかね…?
でも銃渡すとき、相手に銃口向けたりしないでしょ??
まぁそんなのは別にいいんですけど…

以上、『SWフォースの覚醒』感想でした。
[PR]
by YosssingLink | 2015-12-20 02:21 | 映画(○) | Comments(2)
Commented by BTfleam at 2016-01-29 18:08
お久しぶりです!
SWは僕も過去6作品は全部見ており、
今回の新作は気になってました。

いつか観ようと思いますが、
監督がジョージ・ルーカスでないので
どうなのだろう?と思っていました。

このように感想は楽しいですね☆
Commented by YosssingLink at 2016-02-05 02:16
やや、ご無沙汰しております(;・∀・)
まだご覧になられてないのに
読んで大丈夫でしたでしょうか・・・?
と言いつつ、もうここまで書いてしまったので
言いますけど、SWファン的にどうも引っ掛かる部分が
結構あって、モヤモヤしたんですよねぇ…( ‾⊖◝)
やっぱりSWの世界観はルーカスじゃないと…
監督じゃなくてもせめて製作総指揮とかで
やってほしかったですね。
<< 『ポッピンQ』感想 【アニメ】私の考えたC3部最終... >>