『B型H系』(さんりようこ)



さんりようこ先生のエロラヴコメ4コマ(週刊ヤングジャンプ連載中?)。
先日書店で全巻(現2冊)衝動買いしてしまいました(笑)。
集英社サイト(↑のバナーをクリック)にて試し読みできるようになってます。

さんり先生のマンガはコレとは別に一冊だけ持ってますが、
今作はソレに比べたらさほどエロくもなく、
むしろなんだか爽やか青春モノ(?)だったりします(笑)。
シモネタ多数ですが、ソレにばかり頼らないネタ作りで4コマとして秀逸(多分)。
ベタなサブキャラも微妙なアクセント(?)によって、良いキャラになっている
…と、思いまス。さすがはさんり先生ですね(笑)。

しかし、さんり先生は女流作家にしては(なんて言うのは偏見かな…?)
女体が巧いですね(笑)。
そしてオッサンか男子中学生に匹敵するセンスをお持ちですね(爆)。
ホントに♀なのか疑わしいほどです。

てなワケで、なかなか面白いです。ほどよくエロいです(笑)


そういえば、主人公山田は下の名前が出てきません(笑)。
『かってに改蔵』の美人で有名な山田さんも
下の名前が無いというネタでした。
コレって何か関連があるんでしょうか…共通の元ネタとか???
[PR]
by YosssingLink | 2006-02-14 00:25 | 漫画 | Comments(2)
Commented by 水菱るか at 2006-02-14 06:58 x
試し読みしてみました。メガネかけた人が良い味出してました。確かに程よくエロくて面白いですねー。イラストも綺麗ですし、オチも面白いので、バイト先にあったら買ってみようかな・・・!
かってに改蔵といえば、過去コンビニで少し立ち読みしようとして開いたページが改蔵が一生懸命電池をお尻に入れてるシーンで吹き出した思い出があります。これ以上にない立ち読み防止対策でした・・・。
Commented by YosssingLink at 2006-02-14 23:56
るかさん、ちわ~ス。
久々にマンガをジャケ買いしましたが、今回のは私的に当りでした(まぁ、さんり先生のことは知ってましたけど…)。
ドジっ子メガネの幼なじみ宮野さんと、山田のライバルでお嬢の金城さんがキャラ的に面白いです。どっちもかなりベタな設定ですけどネ(笑)。
空回りし続ける山田の言動もぶっ飛んでて笑えます。
良かったら読んでみてください(笑)。

改蔵のソレは1巻の1~2話あたりの話ですね。
今はすっかりネガ作家(?)の久米田氏ですが、かつては下ネタの方が激しかったです(笑)。
改蔵の中後半は現在週刊少年マガジン連載中の『さよなら絶望先生』に近いテイストです。
<< なぜ教室の右側が廊下なのか? ヴァレンタイン(忌) >>