『DEATH NOTE(前編)』


c0006445_20385420.jpg

ついに実写版公開ーっ!
ってコトで、早速観に逝って来ましたよ!!
話題の映画ってコトで、劇場も満席っ!
この中で原作知る派と知らない派で、どのくらいの割合なのかなぁ…。。。




------------------------------------------------------------------
ま、ソレはさておき、
もはやストーリーなどの説明は致しませんけど、
いつもなら原作など全く知らずに鑑賞するパターンが多い私も
今回ばかりは原作を知り尽くしているので、
やはりどうしても原作を意識してしまい、単体の映画作品としては
見れなかったっぽいです。

ま。しょうがないですよね(笑)。

ソレはしょーがないにしても、原作を全く知らない状態で見たら
どういう印象だったのか…ってのはとても気になるところです。

前々からぼやいているように(笑)、主人公をはじめ、キャスティングが
個人的にはあまり納得いかない(抑えた表現)ってのがあったのですが…
まぁ、その中にあって、Lと夜神父はなかなか良かったです。
特にL(松山ケンイチ)はもう雰囲気とかまさにソレで、
「おおー、コレが実写版Lか~っ!」と、かなり満足(笑)。
まぁ、Lに関しては文句無しですね。良かったです。あ、妹も(爆)。

あと、別にどうでもいいことですが(笑)、
御大、津川雅彦演じる北村次長がどう見てもマフィアの首領(ドン)です(爆)。
あの白い手袋とマフラー(?)とグラサン…アレは何…?(汗)

今回の前編は、もう後編ありきなので、1作目というよりは
ホントに前半分という終わり方をします。
そのせいか、終わったあと場内騒然!めちゃくちゃザワついてました。
(あるいは単に出来が…?)

前編はライトがLに直接会うところまでが描かれてますが、
オリジナルキャラの詩織や南空ナオミの部分など、けっこう原作と違う要素が
展開が進むにつれ、色濃くなっていくので、
後編の展開はどうなるのか…もしかしたら全くのオリジナルなのか、
読めないほどになってきています。
原作のどの部分までを描くのか、どういうラストになるのかも分らないなぁ…。
ヨツバ編が入りきるとも思えないし…。

ま、なんにせよ、
とにかくLが良かったので、後編はL中心に観ていきたいです(笑)。

で、原作が大好き過ぎる私から言わせてもらえれば
オリジナルな展開になどせず、原作を忠実に再現することに
心血を注いで欲しかったというのが正直なところですけど、
L編だけでもけっこう長くて密度の濃い原作を映画二本にまとめよう
と思ったら、多少の変更は仕方が無いというのは解る気がします。
観る前は、原作の大半を占めるあのモノローグ(というか心の声)を、
映像でどう表現するのかと楽しみにしてたのですけど…、
まぁ、私としてはもうナレーションみたく、アンジャッシュのコントみたく(?)
やってくれたらいいのに、とか思ってしまいましたけど、実際は
そういった言葉による説明を極力排除して、それに付随する展開も
ヴィジュアルで解り易いものにアレンジした結果、
オリジナルな展開へと発展してったものと思われます。

まぁ、確かに、原作を知らない人は、あの独白を
全て読み聞かされるのはツラいかも知れませんね…。

でもやっぱり、アレこそがデスノの醍醐味だと私は思っていたので、
随分と簡略化されてしまった映画版の展開はちょっと頂けなかったですね。
原作は理路整然としていたのに、部分的にアレンジしてしまったせいで
展開や行動が不自然だったり、あざとかったり、強引だったり、
らしくなかったりしてましたし。

特に要であるライトは藤原くんのビジュアルのせいもあってか
天才やカリスマとは程遠い、かなり凡人クラスの主人公に…(涙)。
やっぱりあの理屈に満ち溢れた独白を忠実に再現しないことには
ライトの天才キャラは成立しないですよ!

あ。それとは別にもうヒトツ、アレだったのが、
原作ではノートに書かれた細かくて罫線に沿って整然と並んだ字が
ライトの神経質で潔癖で知的なキャラを巧く演出してたのに、
月を演じる藤原君の字がもう下手クソで(爆)しかもページの余白たっぷりに
デカデカ伸び伸びと書くので、
ソレがものすごくバカな子っぽくてトホホ感抜群でした(笑)。
些細なようでいて、なにげに重要な部分なので、
そこはちゃんとして欲しかったですよ~っ!
書いてるときは手元しか映らないんだし、
アレだったら代筆すべきでしょうよー?!

さらにさらに…、まぁ、そんな感じで、
レイとのバスのやり取りや南空ナオミの本名を引き出す部分など
私が好きだった(映像で是非観たかった)部分はことごとくアレンジ
されてしまって非常に残念なんですけど(笑)…、
映像作品として、ビジュアルで解り易く…ってのは、
正しい方向だとは思いますけどねぇ…そのおかげで
主軸であるはずの心理戦が削がれちゃってましたよねぇ~。。。

全体的にも、月とLの駆け引きが…、まぁLはキラを追ってるようには
見えましたけど、月は原作のように、正体不明のLを探し出して殺す、
という風に考えて行動しているようには見えず、ただLに見つからないように
逃げてるだけにしか見えませんでした。

まぁ、FBIは返り討ちにしましたけど、原作では保身のためであると同時に
それによってLを孤立させ、あぶり出そうというキラの意図があったのですけど、
映画では、ただ降り掛かる火の粉を払っただけのような…。
そんなこんなでライトはあまり対決姿勢が見られなく…、
Lは自分も殺されるかも…という危機感が見られなくて、
ただ、探偵Lから逃げる犯罪者ライト、という構図な感じがしました…嗚呼。。。

映画よりかは連続ドラマとかの方が向いてるかもですね。

展開もさることながら、音楽など、映画の雰囲気も
私的にはデスノのイメージとは違う気がしました。
絵作りが若干古いのかなぁ…
もうちょっと前衛的な方が(とか、偉そうに言ってみたり…汗)…。

CGリュークに関しては…、まぁ、邦画にしてはがんばってるカンジです(笑)。
○ビルマンのようにひどくはありません(爆)。
さすがにハリウッドには敵いませんけど、今までの邦画のああいう
CGクリーチャーのレベルを考えたらズバ抜けているのかも…。
でも、欲を言えば肌の質感はもうちょっと生物感が出せなかったものか…。
でもまぁ、そこそこは出来が良かったかと思います。


…なんだか案の定、文句ばかり垂れてしまいましたけど、
まぁ、コレも原作を愛するがゆえ…映画化にもけっこう期待していたがゆえ
だということで(汗)…。
やはり、もう少し脚本や制作やキャスティングその他もろもろに
時間を掛けた方が良かったのでは…
って、ハリウッドじゃあるまいし、見込める収益も限られてるから
そんなに時間やお金は掛けられませんよね…そうですよね…
すみません(笑)…

あれ…?でもワーナー資本じゃないの…?
じゃあ、もうハリウッドでリメイクしてください(爆)。なんちて。

…そんなワケで、後編(11月)も楽しみにしときます…チケット買ってるし(笑)。
[PR]
by YosssingLink | 2006-06-18 20:41 | 映画(△)
<< トマトそうめん 嫁ぎーの。(?) >>