びっくり和太鼓(というか四方山話)

昨晩、金曜ロードショーで『ハウルの動く城』を地上波初放送してました。
ので、流しで見てたのですが…、

『ハウル』は公開時に劇場でも鑑賞済みですが、そのときは…
この作品がお好きな方には申し訳ありませんけど、話の作りがヒドイなと
思って、思わず酷評しちゃったんですけど
改めて見てもコレはあんまりだと思いました(爆)。
ステキな音楽や映像でごまかしきれてません(笑)。
特に終盤のグダグダっぷりと言ったら…
元が絵本だからなのか…、にしても、コレが高度なギャグでないのなら
映画として脚本にするにあたってもう少しなんとかならなかったのか…
とか、そんなコトを考えているうちに私の脳内では、「ひどい」つながりで…

「どうだいみんな?ひどいだろ~?」

の、キメ台詞(?)でおなじみ(??)、
くまだまさしの『ビックリ和太鼓』が轟いてました(爆)。

そしたらなんだか、『ビックリ和太鼓』が面白くて仕方なくなってきて、
もう『ハウル』そっちのけで脳内の『ビックリ和太鼓』に夢中になってしまい、
『ハウル』が終わった後も、延々『ビックリ和太鼓』で笑ってました。


…よっぽど疲れてたみたいです。
[PR]
by YosssingLink | 2006-07-22 07:28 | 日記
<< 「犬の肉」で買収…? 黒髪ブーム? >>