『どろろ』


↑先日、また映画をまとめ観してきたんですが、
そのうちの一本、『どろろ』をレビューします。

例によって、手塚治虫先生の原作は全く知りません…。
で、作品の概要は割愛しますが…、まぁ、ストーリーはともかく、
なかなか見応えのある映画でした。

と、いうのも、

この手の妖怪モノの映画では、近年にも何本か観てきましたが、
まぁ、諸々の事情(憶測)で、やはりどーしても妖怪の特撮がショボく、
「…まぁ、こういうもんなんだよな…」などと、割り切りつつ諦めつつ、
観ていたワケですけども。。。

今作の妖怪を含めた特殊効果の数々は、非常にクオリティの高いモノでした。
VEX好きのワタクシとしては非常に喜ばしいかぎり!

ただ…、途中、妖怪退治ダイジェスト(?)の部分は…
なんだか色んな意味でお粗末というか。。。w
BGMもなぜかフラメンコ(?)だし、妖怪のデザインが…あと、バトルの編集が、
なんだか(昭和の)仮面ライダーやウルトラマンみたいで…
非常に苦笑モノでした(汗)。うーん、惜しいなぁ…ある意味面白いのだけどw。

ソコも含めて、この映画はなんだか「ある意味」笑えるというか…
笑うトコじゃないトコで結構笑えてしまいました。
ファンタジーだし、そんなコト言うもんじゃないのかもしれませんけど、
ツッコミどころが満載だったというコトですw。

どのへんがどうアレだったか、挙げるとキリがないし、細かいので…
でもやっぱ気になるのは、百鬼丸の腕に仕込んだ刀ですが、
アレ、別に仕込まんでもいいのでは…?フツーに持って使えば。
まぁ、見た目の演出といえばソレまでですが。。。

それから、柴咲コウ演じるどろろが、非常にウザいキャラでした(爆)。
いやま、ソレは個人的な感想ですが…、
どろろはストーリー上、さほど存在意義が感じられないというか、
別に居ないなら居ないでいいようなキャラというか…

まぁ、花と言えばソレまでですがw、一応、キャラとしての重要性というか、
何かもう少し重要な役割があった方が良かったんじゃないかな…?とか
思ってしまいました。

まぁ、そういった細かいコトは抜きにして観れば、
非常にヨイ作品だったかと思います。エンタメ的に。

で、この日は他に『ディパーテッド』と『墨攻』を観たのですけど、
そっちもなかなか良かったので、まぁ、折を見てレビューしたいと思います。

で、なんで『どろろ』だけ先に採り上げたかというと、
この映画のラストの、百鬼丸とどろろのやり取りを見て、
即座にネタが浮かんでしまったからです(笑)。



-----------------------------------------------------------
『どろろ』アンソロジー(?)4コマ×2
c0006445_2344147.gif

↑…ま。とっさに思いつくよーなネタですから(汗)。。。


更に続き…
c0006445_23452786.gif

↑こんなオチでは無いです(笑)。


ちなみに…
c0006445_04551.gif

↑没オチですw。


…えーと、いろいろすみません(汗)。
[PR]
by YosssingLink | 2007-02-05 00:09 | 映画(○)
<< まんがの達人 まさにNOVAのアレ?! >>