『どろろ』


↑先日、また映画をまとめ観してきたんですが、
そのうちの一本、『どろろ』をレビューします。

例によって、手塚治虫先生の原作は全く知りません…。
で、作品の概要は割愛しますが…、まぁ、ストーリーはともかく、
なかなか見応えのある映画でした。

と、いうのも、

この手の妖怪モノの映画では、近年にも何本か観てきましたが、
まぁ、諸々の事情(憶測)で、やはりどーしても妖怪の特撮がショボく、
「…まぁ、こういうもんなんだよな…」などと、割り切りつつ諦めつつ、
観ていたワケですけども。。。

今作の妖怪を含めた特殊効果の数々は、非常にクオリティの高いモノでした。
VEX好きのワタクシとしては非常に喜ばしいかぎり!

ただ…、途中、妖怪退治ダイジェスト(?)の部分は…
なんだか色んな意味でお粗末というか。。。w
BGMもなぜかフラメンコ(?)だし、妖怪のデザインが…あと、バトルの編集が、
なんだか(昭和の)仮面ライダーやウルトラマンみたいで…
非常に苦笑モノでした(汗)。うーん、惜しいなぁ…ある意味面白いのだけどw。

ソコも含めて、この映画はなんだか「ある意味」笑えるというか…
笑うトコじゃないトコで結構笑えてしまいました。
ファンタジーだし、そんなコト言うもんじゃないのかもしれませんけど、
ツッコミどころが満載だったというコトですw。

どのへんがどうアレだったか、挙げるとキリがないし、細かいので…
でもやっぱ気になるのは、百鬼丸の腕に仕込んだ刀ですが、
アレ、別に仕込まんでもいいのでは…?フツーに持って使えば。
まぁ、見た目の演出といえばソレまでですが。。。

それから、柴咲コウ演じるどろろが、非常にウザいキャラでした(爆)。
いやま、ソレは個人的な感想ですが…、
どろろはストーリー上、さほど存在意義が感じられないというか、
別に居ないなら居ないでいいようなキャラというか…

まぁ、花と言えばソレまでですがw、一応、キャラとしての重要性というか、
何かもう少し重要な役割があった方が良かったんじゃないかな…?とか
思ってしまいました。

まぁ、そういった細かいコトは抜きにして観れば、
非常にヨイ作品だったかと思います。エンタメ的に。

で、この日は他に『ディパーテッド』と『墨攻』を観たのですけど、
そっちもなかなか良かったので、まぁ、折を見てレビューしたいと思います。

で、なんで『どろろ』だけ先に採り上げたかというと、
この映画のラストの、百鬼丸とどろろのやり取りを見て、
即座にネタが浮かんでしまったからです(笑)。



-----------------------------------------------------------
『どろろ』アンソロジー(?)4コマ×2
c0006445_2344147.gif

↑…ま。とっさに思いつくよーなネタですから(汗)。。。


更に続き…
c0006445_23452786.gif

↑こんなオチでは無いです(笑)。


ちなみに…
c0006445_04551.gif

↑没オチですw。


…えーと、いろいろすみません(汗)。
[PR]
by YosssingLink | 2007-02-05 00:09 | 映画(○) | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://yosssy.exblog.jp/tb/5446707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hiroyuki_misumi1 at 2007-02-05 00:18
おつかれさんでしたー
つか、柴咲コウがどろろって・・・エラいアダルティーな
どろろですな。
漫画では10歳くらいのキャラなのですが・・・

いまさら「妖怪退治モノ」しかも時代劇で・・・とか
思わないでもないですけどね
今の日本人もああいう「魔界転生」みたいなの
好きなんでしょうかね。

で、4コマですけど面白いですねw
作り物の○○○は取れたとき「ぶいーん」とかなっていたら
もうひと笑いできたと思ったりして。
Commented by YosssingLink at 2007-02-05 00:50
みすみさん、ちわ~ス。

ええ、まぁ、確かに、柴咲コウは役の割りに実年齢が…とか、思ったりもしましたけど…ぇ、原作では10歳くらいなんですかっ?!(汗)
まぁ、性格的にはそのくらいっぽくはありましたけど、10歳じゃラヴロマンスは発生しませんね…(ぇ、無くはないですかっ…?!)。

いや~、今更ってコトはないんじゃないですか?
『魔界転生』とか『里見八犬伝』とか、アレはアレで好きでしたけど、
現代の技術で表現されたモノを見てみたい!とは常に思ってますし。ぇ。私だけですかね…?
特に妖怪なんてのは、日本独自のものですから、まぁ、やるなら邦画で…ってのは必然で、ゆえに妖怪モノは今までの邦画のよーな、しょぼい特撮でしか見ることが出来ないのか…と、ちょっと哀しく思ってたんですよ。でも、ココまで技術が上がってきたことは素直に嬉しいですね。
映画ファンとしてw。

4コマは、映画観て即座に思いついたネタで、「帰ったら描こう」と、ずっと思ってましたw。
取れたときに「ぶいーん」てっw?!
使用中(?)だったってコトですかっ?!
Commented by stagezero at 2007-02-05 19:16
あひゃひゃひゃひゃ
4コマに大爆笑!
さすがE帝国閣下ですう~w
Commented by 某久保 at 2007-02-05 19:48 x
どろろ4コマ 面白かったです
チOチン でかい(笑)
原作も 未完といえば未完で終わってるんですよね
108匹だっけ?の妖怪全部倒してない
自分の体を妖怪に売った父親を懲らしめる所で終わっている
ある意味「ブラックジャック」がどろろの続編と言えるかも
全身つぎはぎだらけのブラックジャックが百鬼丸みたい
ピノコはそのまんまどろろ 
Commented by 佐伯画廊 at 2007-02-05 22:56 x
4コマ笑っちゃいました。
「いい加減にしてくださいよ!」という突っ込みもいれてみたくなりました。
(↑あ、『突っ込み』とか言っちゃった…)

映画は最初からあまり観る気がしなかったです。
褄夫木が「この時代だからこそ命の大切さを…」とか言ってたんですけど、言わなくていいよ、そんなの。エンターテイメントなんだから観客がどう思うか、どう感じるかに委ねなさいよ。
腕の中に仕込まれた刀っていうのは手塚先生のすっごいアイデアだったと思うんですよ。当時は相当奇抜な設定だったと思います。
「コブラ」のサイコガンもあれからきてるんじゃないかと思っちゃうんですが、どうでしょう・・。
劇画に近いものはともかく漫画の完成したキャラは、いいかげん実写にするべきじゃないのでは・・・。CG使えるからこんなことも、ってのもあるんでしょうけど。原作を殺すような使い方はちょっと困ったものです。

昔、テレビで『加山雄三のブラックジャック』ってあったのご存知でしょうか?結構きつかったですよ(笑)。
Commented by penkunginkun at 2007-02-05 23:08
どろろって生意気なクソガキと思ってたら・・・えっ?女の子なの?とは作中には一切触れてない漫画ではなかったでしょうか。確か(うろおぼえ)

自分も今年は期待してる映画が2本ありますよ~
竜が如く
とデッドオアライブ(笑)
例のごとくゲームの映画化はどうなんでしょうね?(^^;)
Commented by la_plata at 2007-02-06 01:24
え、柴崎コウがどろろなんですか…? そ、そんなあーっ!
原作に忠実に、もっと子供にやらせないさいよ! ねえ、みなさん?!
…あれっ?(汗)


アンソロ4コマはオール下ネタですか(笑)
とっさに思いついたのがコレだなんて、さすが閣下♪

まあ「カラダの一部」なんて言われた日にゃ、ねえ…。
もっととてつもなくごっついモノが生えてくるというオチも
考えられますね(笑) 例えば真じ(強制終了)
Commented by hokutoff at 2007-02-06 04:06
どろろ… 百鬼丸は、ぽ・ろ・ろ(*ノノ)
実は私の好みは「性転換百鬼丸」ネタの方です。
無駄に色っぽい。

では。
Commented by YosssingLink at 2007-02-07 00:47
たぬさん、ちわ~ス。
ぃゃ~、ど~も(汗)。久々に描いたマンガがコレ…な、私です(駄)。
こんなの描いてる場合でもないかもですけど、まぁ、勢いってのは恐ろしいモノで
一気に描き上げてしまってました(笑)。
普段からこのくらいの勢いが欲しいものです(汗)。

というか、爆笑ありがとうございますw。
でも、こんなネタばっかだよなぁ…(特に棒ネタが…汗)。。。
Commented by YosssingLink at 2007-02-07 00:47
某久保さん、ちわ~ス。
ぃゃ~、棒の先駆者(?)、某久保さんに認めてもらえりゃ
棒冥利(?)に尽きるってもんですぜ!

いやー、原作って、全く知らない私なんですが…
ブラックジャックは一部読んだ事がありますけど、
『どろろ』って、それこそ映画にでもならなけりゃ知らないまま
だったかも…。いや、どっかでタイトルは聞いた覚えが
あるよーな、無いよーな…?
でも絵すら見たことありませんからね、未だに(汗)。

原作では108匹だったんですかっ?!
なるほど…煩悩の数ですか…。
映画の方の48って数字は、何から来てるのか…?体位(爆)?
とか、思ってしまいましたけど…w。

ブラックジャックは言われてみれば確かに通ずるところが
ありますね。
Commented by YosssingLink at 2007-02-07 00:50
佐伯さん、ちわ~ス。
ぇえ~っ?!そんな、突っ込みを挿れるよーな部分までをも描写したつもりもないですが、まぁ、ソコはアレでお好きなトコロにお好きなだけ突っ込み挿れてやってくださいよ!!
ぇ?!そういう意味じゃないとか、今更言わせませんけども?!

ま。ソレはさておきw、
まぁ、映画を観る限りは、大して深いモノは無かった…気がします。
原作にどの程度準じてるのか、とか、そういうのもわからないんですが、原作に準じてたとしても、『ロードオブ指輪』もその類だと思われますが、いかなる名作といえど…、いや、むしろ名作であるほど後の作品に多大な影響を及ぼすため、リアルタイムじゃない世代から見ればソレが今更のように見えてしまうのですねぇ。。。
(続く)
Commented by YosssingLink at 2007-02-07 00:50
(続き)
ぁ。でも腕の仕込み刀は絵的には面白かったし、別に悪いとは思いませんですよ。
ただ、「意味が無い」とも言えるかなぁ…って思っただけでw。
意味を求めてはいけない部分だったのかも…(汗)。
まぁ、マンガを実写で表現するっていうのは、私としては悪いことだとは思いませんが…。
むしろ、どんどん挑戦してって欲しいというか…まぁ、現段階ではいろいろ課題も多いと思うので、デ○ルマンとか失敗も多いですが…というか、アレは技術以前の問題だったって気も…(汗)
もとい、そういった失敗の積み重ねも、今日に繋がってるのではないかと…それに、せっかく日本には良質の漫画が山ほどあるのだし、メディアミックスで双方の活性化を図るのはいろいろメリットがあるんではなかろーかと思(以下略)

って、まぁ、私も散々文句言ったりもしますけど…ソレは別に否定してるワケではなくて、もうちょっとやり方があっただろうに!って思うからで(略)

ま。とにかく、邦画にもいろいろ期待してはいるんですよ、ホントに(汗)。
Commented by YosssingLink at 2007-02-07 00:51
ペンさん、ちわ~ス。
ぁ。やっぱ原作ではそういうネタだったんですか…。
「実は女子!」っていうネタは、私は結構好きなんですけどね。
そういや、リボンの騎士とかも、たしかそういうネタですよね?
なーんだ、手塚先生も好きなんじゃーんw

ま。ソレはさておきw、
ぁ。私もDOAはちょっと見てみたいかもw。
なんか、ダメダメそーな空気も多分にありますけど(汗)。
しかし、予告編とか見ましたけど、やっぱハリウッド版になると全員ケバいですね(笑)。やっぱ米国人には萌えは理解出来ないかっw。
完全に、チャーリーズエンジェルとか、そのへんと同じ、いかにもな単なるセクシー路線(?)になってしまってるカンジですね。
アレで全米のファンは納得したとしても、きっと日本のファンは「ちげーよ!そんなんじゃねーよ!!」って思うんじゃないだろか…。
まぁ、予告を見る限りでの憶測ですけど…、どの程度までその辺のジャパニーズソウル(大和萌え魂)を表現出来てるか否か、見て確かめたいですねw。
しかし、霞がデボン青木とはね…フフフ…ふ(汗)。
Commented by YosssingLink at 2007-02-07 00:52
プラ太さん、ちわ~ス。
まぁ、柴咲さんがどろろだった、ですよ。ええ。
ソレが縁なのかどーなのか、お二人さん、ウワサになってますね。
あー、続編は披露宴の二次会ででもやったらいいんじゃないですか?(笑)
とかね。ふふw。
原作は全然知らない私ですけど、まぁ、『レオン』とかみたく、リアルに小っさい女子とかに演らせても良かったかもですね。
その場合は逆に百鬼丸をもっと渋いオッサンにした方が!(なぜっ?!)

4コマは、ええ、またしても下ネタですね、コレは(汗)。
ワタクシ、下ネタは嫌いだって、言ったじゃないですかっ?!(この矛盾!!)

すみません…なんだか最近、安易に下ネタに走り過ぎかも知れません…(汗)。
せめてもう、棒はやめとこうかなぁ…。。。
もう、棒出すのは、アレだよ、核ミサイルと一緒だよ(?)。
そんな気安く出すもんじゃないですよ、ってコトですよね?(知らんわ)

でも、まぁ、アレでしょ?
とっさに思いつくネタっつったら、女子はどーか知りませんけど、野郎なら全員アレでしょ?!違うとは言わせませんよ!!?
Commented by YosssingLink at 2007-02-07 00:52
ほくとさん、ちわ~ス。
ええもう、いろんなモノがどろろでぽろろです(?)。
百鬼丸のアニキは3コマ目で急にオンナになってしまってますね(笑)。
今回倒した魔物が持ち去った部分は、当時(?)激しく獲り合いになったんじゃないかなぁ~w。
なんつって。
どろろ曰く、「てめーとはもうココでお別れだーっ!!」
…とかね。フフ。。。
Commented by sui at 2007-02-07 10:08 x
原作は名前しか知らないうえに柴咲コウが怖くて(目が~)
「マリーアントワネット」の方へ行ってしまったんですが
この4コマで見たくなってしまいましたよ!(なぜ笑)
没ネタの方もウケましたv
「墨攻」見たいと思っている映画なので、レビュー楽しみにしています♪
Commented by toutou_net at 2007-02-07 19:49
映画は観ていないので分からないですけど、
4コマ漫画、面白かったです♪ ボツネタの方も!(笑)
勢いで一気に描きあげるのはさすがですね!私は好きです!!(笑)
Commented by YosssingLink at 2007-02-09 00:11
翠さん、ちわ~ス。
ぁ。『マリーアントワネット』は私もちょっと気になってたんですけどねw。
面白かったですか?

『どろろ』は私も原作とか、全く知りませんでしたよ。
まぁ、大概、映画は原作知らずに観てますねw。

ぁ。この4コマで映画の方にも興味持っていただけましたかw。
勝手にメディアミックス戦略!!(爆)

『墨攻』はなかなか見応えありましたし、ちょっと普遍的ながらも深いテーマのお話でした。んでは、近々レビューします。きっとw。
Commented by YosssingLink at 2007-02-09 00:16
とうとうさん、ちわ~ス。
まぁ、こんなカンジの映画でしたよ(嘘)w。
邦画はTV局と提携してる場合が多かったりですので、意外に早くTVでも放送されると思いますので、そのときにでも見てみてくださいスw。

漫画は久々に描きましたね~(笑)。
こういうネタだからなのか(?)、私にしては珍しく、一気に描けました。
つっても、時間はかなり掛かったので(汗)…別に早く描けたってワケでもなく、その間、他に何も出来ず…、、まぁ、集中してたってコトですw。
下ネタじゃない漫画も描きたい!!(笑)
Commented by sui-box at 2007-02-09 11:19
マリーアントワネットは、かわいかったです。
以上です(笑)
いや、実際にヴェルサイユ宮殿を使っての撮影ということで
すごくゴージャスでしたよ~
映画の是非はともかく、よっしーさんのレビューが面白いのでぜひ見ていただきたいです(笑)
Commented by YosssingLink at 2007-02-11 00:04
翠さん、ちわ~ス。

以上、ですか(笑)。
「映画の是非はともかく」って…w!?
ぇ。ワタクシのレビューですかっ。ありがとうございます~♪
でも、最近、観る事は観るけど、レビューしてない映画が沢山あったり…(汗)。
ま。観に行くかもしれないし…TVで観るかも知れないし(笑)。。。
<< まんがの達人 まさにNOVAのアレ?! >>