『コミックヨシモト』の敗因(?)について考えてみる。

さっき、コンビニで休刊(廃刊?)寸前の『コミックヨシモト』があったので、、、
全く興味ありませんけどw、消える前に拝んどこうかと、手にとってみました。

まぁ、今更説明も不要かと思いますが、
あの吉本興業が原作に所属芸人を起用して漫画雑誌を創刊!
ってヤツです…。

作画の漫画家さんの方では、私の知ってる人と言えば、永井豪先生くらい…。
(ちなみに、永井豪先生はレイザーラモンHGの漫画を描いておられた…汗)

…で、実際、どんなもんかと、パラパラとめくってみたのですが…



-------------------------------------------------------------

…すみません、どれも全く読む気がしなかったです(終)…。


いや、というのはまぁ、絵柄が私の好みじゃなかった、ってのが
最大の要因かと思われます(汗)。。。

そんな理由ですみません。。。

もしかしたら読めば面白いのもあったのかも知れませんが…

でも実際問題として、どんなに面白くても読む気にさせなければ
商業誌として無意味!と言っても過言ではないかと…。

で、この『コミックヨシモト』の漫画が、実際面白かったかどうだったかは
この際、抜きにして(爆)、、、読んでないし ネ(汗)…

で、おそらく敗因の最たるものだったと、私が勝手に推測する
「手にとってすらもらえなかった理由」について、思いつくまま考察ですw。


■お笑いと漫画の融合について
私が思うに…というか、ココに書いてること全部ソレですけども(汗)、
お笑いと漫画ってのは、近いようでいて、実は全然別物というか、
お笑いのノウハウが簡単に漫画に活かせるモノでもないのかと思います。
まぁ、私の知る限りですけど、お笑いを漫画で表現しようとして
成功してる例ってのは、あんまし記憶にないです…。
同様に音楽もそうですけど…、マトモに音楽とか漫才とかを
漫画で表現しようとすると、、、よっぽど巧くやらないと、大抵
サムいコトになる、そういう前例が多い…気がしまス(汗)。

記憶に新しいところで、森田まさのり氏が正統派漫才を真正面から描いた
『べしゃりぐらし』は…一見、巧く描けている…ようなカンジでした。
しかし、アレは私が思うに…舞台裏のドラマの部分がドラマとして
巧く描けてた、というコトであって、お笑いという観点では、
その部分がウマく出来てたのかどーかは…判りません(汗)。。。
少なくとも笑えるギャグ漫画ではなかったと思います。

お笑い的な手法(?)で、ギャグ漫画として成功している例といえば、
私が思うに、うすた京介氏の漫画とかですかねぇ…。。。
まぁ、他にもいろいろありそうですが…

というか、書いてるうちに…なんだか的ハズレな気がしてきた(汗)…ぅぅ。。。


■異業界からの電撃参入…?
お笑い界では大手の吉本ですが…鳴り物入りは果たして効果的だったのか…
私が思うに…まぁ、結果論かもですけど、ヨシモトブランドは逆に
妨げになったんじゃないんだろうかと…。
なんとなく、M黒soft社の×箱と、今回の事例はダブって見える…のは
私だけかな…(汗)。。。
異業種からの参入ってのは、今回なんかは特にそうだと思うのですが、
期待の目よりもむしろ白い目で見られることの方が多いんじゃないのかと。
特に吉本とか、そっちの業界では有名なトコが、こういうことを、
しかも大々的に、看板を振りかざしてやったりなんかすると…
まぁ、私なんかも正直思ったんですけど…こう思う人っていると思うんですよ…

「調子乗んな。」 と(汗)…。

なんか、、、まぁ、こんな風に思う背景として…やっぱ
漫画を好きで読んでる(?)人…まぁ、明らかにそのへんがターゲットだったと
思うんですが、そーいう人たちは、それなりに漫画への拘りとか愛着とか
あるわけで、そういう人たちから見れば、

「TVや舞台で笑いが取れるからって
漫画が簡単に描けると思うなよ!舐めんな!」

って、端っから厳しい見方を…あるいは読む前から詰まらんと決め付けて、
雑誌を手に取りもしないかと思うのです よ。

まぁ、コレは私が思ったことですが、、、M社が×箱でゲーム業界に
殴り込んで来たときも、「ゲーム舐めんな!」って思ったりしましたね。ええ(汗)。

なのでまぁ、、、むしろブランド名などは伏せてスタートした方が、
長期的には良かったんじゃ…ヘンな先入観は持たれないですからね。
実際、AXIAとか、ぇーと、あと忘れましたけど(汗)、異業種に参入する際に、
先入観で嫌われないように新ブランドを立ち上げるってのもありますし。

SONYのプレステ(2まで)は、まぁ、成功例ですけどね(汗)。
でもアレは…まぁ、結果論かもですが、マーケティングリサーチとか
宣伝戦略がかなり巧かったから上手くいった稀有な例かと思います。
いずれにせよ、やっぱマーケティングリサーチは重要ですね。
ブランド名だけで売れると思ったら大間違い∑d
むしろブランドがジャマになる場合もあるので、慎重に進めねば!


■んじゃ、どうすれば良かったのか?!
まぁ、…もう少し様子を見て、雑誌の棚の『コミックヨシモト』に違和感とか
なくなれば、、、あるいは徐々に売り上げも伸びるかも…?

ぃゃ~、、、無いかなぁ…(汗)。。。

まぁ、私が思うに…とりあえず、初っ端から吉本を前面に押し出すのは
ヤメた方が良かったかと…w。
最初はもっと、読者層の好みを意識し、プライドも捨てて(爆)
媚びまくった内容にした方が、ぶっちゃけ売れたと思います(笑)。

例えば、最近のどの漫画誌にも少なくともヒトツは入っている、
萌え系の漫画を入れるとかw!

例えば、モーニングでいう井上雄彦みたいな、超BIGネームを
一人起用するとか、、、。

んで、定着してきたころに、徐々に吉本色を強めていけばいいじゃないですかw。


まぁ、でもコレって、別にコミックヨシモトに限らず、新創刊される漫画雑誌全般に
普遍的に言えるコトですネ(汗)。
まぁ、ヨシモトでなくても、、、漫画誌の新創刊ってのは、やっぱ最初は
特に風当たりが厳しいでしょうね。。。

やっぱ、生き残るためにはキラーソフト必須!かな?
コレは漫画雑誌に限らずゲーム機にも言えるコトだけどw。


なんだか、案の定ぐだぐだな考察ですが(汗)…まぁ、そんなコトを思ったり。。。
でも、けっこう(かなり)どうでもいいと思ってたり(汗)。
[PR]
by YosssingLink | 2007-09-13 01:38 | 漫画 | Comments(7)
Commented by hiroyuki_misumi1 at 2007-09-13 21:23
ああ、X箱のたとえはうまいですね。
マイケルソフトの場合でも「何で今更ゲームに手を出すの?」
「あちらの部分ではもう比べようもないほどシェア取ってるじゃん」と
思ったんですが、吉本の場合もそんなんですね。

漫画好きな僕ですけど全くヨシモトは読みませんでした。
見ていても面白い気がしなかった。

ギャグってのは漫画がアニメになってもつまんなくなるもんですからね。
べしゃり暮らしも漫画としてはいいんですけど
ギャグは笑えんというか、サムいですよね。
僕はギャグなら田丸広史なんかが好きなんですけど(^_^)
ブランドで「読め」といわれてもお客さんは見ませんよね。
島田紳助の番組を見ようとは思っても
漫画を見ようとは思わない・・・
Commented by toutou_net at 2007-09-13 22:44
これ、廃刊になるって決まってから、存在に気がついたのですが。(汗)
うむ~読んでみたらそんな感じでしたか~。
同じ笑いでも、コントと漫画だとちと違いますからね。。。
って、まだ読んだ事無い私が言うのもなんですけど><

>吉本を前面に押し出すのはヤメた方が良かったかと…w。
たしかに、ヨシモトってのが出てると、私の場合、
なんか名前に買わされた気がして逆に買わなくなりそうです^^
ヨシをひねって、yosssyコミックとかなら、売れたかもですね!(笑)
Sランクな雑誌になるように、Sを多めにしてみた!みたいなwww

も一つたしかに、名前を前面に押し出さないで
漫画家の超BIGネームとかで少しでも売り上げ伸ばしたあとで、
「今結構売れている雑誌」な感じで取り上げられて、
「実は吉本が絡んでいる!」ってなれば、注目浴びそうですけどね^^
Commented by la_plata at 2007-09-14 01:33
冷静かつ的確っぽい分析!ふむふむと思って読みました。

で、公式サイトに行ってみたんですが…確かにダメですね(汗)
どの作品からも何とも表現できない違和感が!!
マンガを良く知らない吉本社員が作ってるんでしょうか?

吉本は以前にゲームでも社内制作して失敗してるんですけどねえ…。
ニコニコ動画でOPとか見られるらしいのでもし良かったらどうぞ。
ちなみにタイトルは「ファンキーファンタジー」です。
(タイトル聞いただけで「あちゃー」って感じしませんか?w)
Commented by YosssingLink at 2007-09-14 01:35
みすみさん、ちわ~ス。

ですねぇ~。。。 なんか、あっちで上手くやってるのに、こっちに来てまた一発当ててやろう!みたいなカンジがして、、、なんだか片手間?みたいに思えて…まぁ、実際はもしかしたらカナリ本気だったのかもしれませんけど…(汗)。。。
ぁ。でも少なくとも、M黒社のX箱(初代)は、舐めてる感が否めない気が…ぃゃ、私的にw。

まぁ、ソレはともかく、、、タイトルの『コミックヨシモト』ってのも、なんか、そのまんまというか、まぁ、そのまんまでなくても、響き的にダサぃというか…まぁ、個人的な感想ですが(汗)。
なんだか、ヨシモトのファンクラブの会報誌みたいで、持ってるだけで、「お前、そんなにヨシモト好きなんかい?!」とか思われそうでちょっとイヤというか…まぁ、個人的な感想ですが(汗)。
(つづく)
Commented by YosssingLink at 2007-09-14 01:35
(つづき)
ま、それはさておき、やっぱ漫画には漫画向きの表現とかあるわけで…、逆に漫画を実写にしたらサムい場合も多分にあるし、漫画化にしても実写化にしても、かなりのセンスが要求されますね。
田丸先生の漫画は私も好きですが、アレは思うに、いかにも漫画的というか、漫画だからこその表現というかw。うすた先生の漫画は、まぁ漫画的な表現も多分にありますが、ボケとツッコミの漫才やコント的な要素を巧く漫画に取り入れてるなぁ…って気がしますw。
Commented by YosssingLink at 2007-09-14 01:58
とうとうさん、ちわ~ス。

まぁ、、、私も廃刊になる、って聞いたもんだから、今回手にとってみたんですけどねw。

ぃゃー、読んでみたら、というか、読んでません(汗)。
パラパラっと、流しただけですよ。
もしかしたら、まだコンビニとかに置いてるかも知れませんので、見かけたら覗いてみてはw?

まぁ、…なんですかねぇ…例えば、フツーの漫画雑誌とかで、一人の芸人が漫画原作に挑戦!とか、そんなのだったら試しに読んでみようかな…とか思いますけど、、、こんな風に一誌丸ごと芸人で固められると(汗)、もう、それだけで食傷気味ですね(汗)。
雑誌の名前にまんまヨシモトを冠するのもアレかと思いますけど…
∑ぃゃ、そんな夢のよーな恥ずかしいような誌名とか?!
2chで叩かれまくること必至!(爆)

まぁ、今回みたいな吉本丸出しの内容だったら、匿名なんてムリかもですが、内容によっては、作者名も全部伏せて、新規の社名で出すとか…まぁ、その場合でも、一人くらい有名な先生を入れるべきかと思いますけどw。
そうやってジワジワ売っていけば…たとえ失敗しても吉本の名に傷は付かないしw。
Commented by YosssingLink at 2007-09-14 02:00
プラ太さん、ちわ~ス。

ぃゃ~、ソレっぽく書いてみたものの、なんだかぐだぐだだったり(汗)。。。
ほとんど結果論ですけどね(汗)w。

しかしまぁ…私もその何とも言いがたい違和感を感じて、マトモに読む気になれなかったのですけど…何なのでしょうね(汗)。。。?
やっぱあまりに吉本色が強すぎるんですかねぇ…。「別にそんなに吉本好きじゃねえよ!」って、訊かれてもいないのに反発してしまうというか(ツンデレ?>ツンデレじゃねえよ!)。
アレじゃホント、骨の髄まで吉本好きでもないと、読めないですよ(汗)。
一般層を視野に入れてたんなら、ダメですよね、アレじゃw。

なんと、ゲームも出してましたかw。チャレンジャーというか、懲りないというかw。
∑『ファンキーファンタジー』て?!

…ギャグ?ですかね…?
マジにしろギャグにしろセンス無さ過ぎですね(汗)。あちゃー。。。(沈)
<< yosアニメ 夏の思ひ出ぽろぽろ(?) >>