『ロス:タイム:ライフ』

さっき、フジテレビで映画『星になった少年』を見てて、
そのまま流れで見てみた新ドラマ『ロス:タイム:ライフ』。

1話完結のオムニバス形式で、毎回、違う主人公が臨死の間際に
謎の審判団(?)によって「人生のロスタイム」が与えられ、そのロスタイムを
どう生きるかを描く、異色ドラマです。

「人生のロスタイム」っていうネタは、まぁ、
誰でも容易に思いつくアイデアかと思いますw。

んで、このドラマも、、、どこぞのサッカー好きが思いつきのワンアイデアで、
実際、ドラマにしちゃいましたw!みたいなノリ、と勝手に憶測w。

面白い話が作れそうなネタではありますが、
今回の1話目を見る限りだと、いろいろとツッコミどころが。。。w
そりゃ、こんなネタで論理的な説明がつくワケもありませんけど、
設定にいろいろと矛盾を感じてしまって、
もしこうなったらどうなる?、あーなったらどうなる??…など、
ちょっとしたことで設定が破綻すんじゃないか?という危うさ…というか、
浅さというか、安直さというか、、、まさに思いつきだろコレw!
っていうカンジがしまくってますが、基本的にこういう「世にも奇妙な」的な
話は好きですので、次回からも見てみようかな、と思います。
[PR]
by YosssingLink | 2008-02-03 00:17 | TVドラマ
<< 大百科その2 『まんがの達人』が創刊しなおさ... >>