『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』


言わずと知れた、傑作冒険アドベンチャーシリーズ待望の最新作!
前作『最後の聖戦』は19年前、1作目『レイダース 失われたアーク』に至っては
27年も前なんですね…(汗)。
最近の方はあまりご存知ないのかな。。。?

ちょっと上の世代(?)の方々にとっては馴染み深いシリーズかと思いますが、
幼少の頃から映画漬けだった私にとってもインディはけっこう特別な存在であり
例のテーマを聴くだけでも、うるうるキテしまうほど、思い入れの深い作品です。

インディ以降、80年代あたりには、似たような冒険モノが幾つも作られましたが、
思い返しても、やはりインディシリーズを超える作品は未だに無く(自分基準)、
本シリーズがこの手のジャンルとして如何に完成されているかを
改めて実感します。。。





-------------------------------------------------------------------

まぁ、そんなワケで、本作もかなり楽しみだった私。
ヘンに期待してたワケでもないんですけど…まぁ、
ジョーンズ博士の新たな冒険活劇がスクリーンで拝めるとあっては
ワクワクせずにはいられないといいますか。。。

本作の時代設定は前作の19年後、1957年の北~南米が舞台。
敵は女性指揮官イリーナ・スパルコ率いるロシア軍部隊。
神秘のパワーが手に入るというクリスタル・スカルを巡る争奪戦です。

本シリーズのOPのお約束というか、
パラマウント・ピクチャーズの山のマークが冒頭のカットにディゾルブする、
というのがありますが、今回もやや強引なカンジですけどw、ちゃんとありますw。

冒頭はアリゾナの米軍施設『エリア51』の倉庫から。
米軍に扮したロシア軍部隊がエリア51を制圧し、拉致してきた
ジョーンズ博士にあるものを探させます。

ここで早くもジョーンズ博士とロシア軍との立ち回りが始まります。
いわゆるツカミの部分です。

倉庫の内部が映し出されたとき、ピンと来た方もいらっしゃるかと
思いますが、ここでのワンシーンで、例のアイテムがチラっと出てきます。
ストーリーには直接関係ありませんけど、ファンサービスですねw。

その後、今回の相棒、不良青年マットの依頼でクリスタル・スカルと
エルドラドの謎を追って南米へ…。クリスタル・スカルの持つ神秘のパワーで
世界支配を目論むイリーナとその部隊との争いetc・・・。


ハリソン・フォードもインディも、年をとってしまったこともあって…かどうかは
知りませんけど、本作ではやはりアクションは控えめで、
その分、若手のマット(シャイア・ラブーフ)が、がんばってます。
彼は『トランスフォーマー』で冴えないもやしっ子(笑) を演じてたイメージしか
私にはなかったので、本作でのインディの相棒だと聞いて、やや不安でしたが、
…まぁ、冴えないのは変わりませんけどw、そんなに悪くもないカンジでした。
もう一人、印象的なキャラとしては、敵役のイリーナ(ケイト・ブランシェット)
ですが、こちらもなかなかいいキャラだったと思います。

ストーリーに関しては、
毎度、このシリーズは考古学というか、古代文明の神秘というか、
冒険とアクションの果てにミステリアス&ファンタジックな要素で
〆る、みたいな展開ですが、本作のネタは、まぁ、ある意味
そのベクトルの究極と言えるようでいて、…でも、なんか
違う気も…(汗)。。。

ラストはなんだか違う映画みたいな気もしましたけど…
まぁ、…広い意味では間違ってないのかもw…?


各シーンの見せ場については、
「ありえねーw」と笑っちゃうような漫画的な部分も多々ありますが、
やはり見応えがあって、面白かったです。
一番の見所部分は、中盤のアマゾン密林での軍車両チェイスかな。

で、いくつか不満だった部分としては、
まぁ、ジョーンズ先生のアクションが控えめだったのは
仕方ないとして(汗)…、、、他の部分で言えば、
まず、今回の敵が、なんだか小規模なカンジだったこととか。
時代設定が戦後だったから仕方ないのかな。。。?
あとは、コレも前述に関係することですが、
あんまし敵と対立してる雰囲気じゃなくて、若干馴れ合ってるようにも
見えてしまったり。
実際は結構な大冒険してるんですけど、なんだかのほほんとした
空気もあるんですよね。。。(汗)
「コレが連中の手に渡ったら大変なことになる」みたいな危機感も
いまいち伝わってこず…、ジョーンズ先生の趣味で冒険してきましたw
っていう風にも見えなくないかも(汗)。。。


まぁ、欲を言えば、そのあたりが気になりましたが、
それでもやはり面白かったです。
一連のシリーズと比べると、やや見劣りするものの、
他の冒険活劇映画にくらべたら、やはり別格かと。
ブランドやネームバリューてのも少なからずはあるかと思いますが、
それもインディの世界観やキャラが秀逸なればこそ。
終わらせてしまうのはもったいないので、可能な限り、何らかの形で
続けていってほしいシリーズですね。

エンドロールでのおなじみのメインテーマでは
やはり私、うるうるキてしまいましたよw!満足です!
[PR]
by YosssingLink | 2008-06-16 02:33 | 映画(○)
<< HPのURLとかメアドも変わっ... また傘をパクられた! >>