カテゴリ:スポーツ( 25 )

シュルトの体格差は反則

さっき、TVでK-1GP2006を見てました。
今回は久々に役者が揃ったカンジの決勝Tで
なにげに楽しみにしてました。
PRIDEも地上波で放送されなくなっちゃったし(涙)。

で、結果は最も予想通りで最も残念な…
昨年に続き、セーム・シュルトの優勝でした。

途中、ホーストの引退やらアーツの復活劇やら
見所もあるにはありましたけど、
シュルトさえ居なければもっと見応えがあったハズです。

昨年、シュルトが余裕で優勝したときも言いましたけど、
シュルトの体格は反則です(断言)。

勿論、シュルトがただデカイだけの選手ではないことは
解りますけど、だからと言って他の選手と比べて
圧倒的に有利なのは明白。なので、
シュルトはK-1に参戦すべきではないと私は思うのです。
決勝戦で、アーツが果敢に飛び込んで
ろくにガードもしないシュルトの顔面に何発か浴びせてましたけど、
引いてる相手に目線よりも高い位置に浮き足気味で伸びきったパンチを
なんとか当てたところで、マトモに効くとも思えません…
いえ、素人意見ですけども…。
それに引き換え、シュルトは相手の間合いの外から打ち下ろし気味に
一方的に牽制しつつ、相手からクリーンヒットをもらうリスクも少ないため
ガードを緩めて攻撃に徹することができ、そこから両者に
肉体的にも精神的にも有利不利が生じて一方的な試合展開に。
ホントにガッカリ。
来年もまたシュルトが優勝することになったら…
シュルトが勝つたびにK-1の価値が下がっていくような気が…

そんなシュルトも、まだ戦歴の浅いチェ・ホンマンに
初対決で判定負けしてます。
なぜならホンマンの方がさらにデカかったから…。

個人的にはバンナやホーストやグラウベ、もしくはアーツに
優勝して欲しかったのですけど、シュルトのせいで台無しです。

嗚呼、誰かシュルトに言ってくれないかな(笑)。
シュルトも空気読んで参戦辞退してくれないかな…くれないわな。

ま。今回もそんなコトを思いながら観戦してました。
[PR]
by YosssingLink | 2006-12-03 00:01 | スポーツ

ジダン頭突きの真相

W杯、終わってしまいましたね~。
日本は今回、一次リーグを突破できなくて、残念でしたけど、
(いえ、別にサッカー事情には全く疎いですけど…)
今回、なぜか個人的にフランスを応援してた私は、
最初は何にも知りませんでしたが、大会を通じてフランスチームが…
ジダンが好きになってしまってました(笑)。

んで…、
[PR]
by YosssingLink | 2006-07-13 00:13 | スポーツ

燃え尽きた火の玉BOY

昨日(日曜)、地上波で放送されたのを観て初めて知ったのですが、
PRIDE武士道ライト級初代王者五味隆典がマーカス・アウレリオに
肩固めで1本負けしました。

武士道のリングでは10戦全勝無敗だった絶対王者もついに黒星…。

いや~、非常にショックでした。。。(沈)

いいトコ無しで終わっちゃったからなぁ…。
まぁ、ノンタイトルマッチでしたけど、大会側としては
年内にタイトルを懸けてリマッチしたいとのこと。

ただ、当の五味は
「11戦休み無しで闘い続けたからしばらく休養したい」
と、言ってました。
本人いわく、敗因は頂点に上り詰めた後のモチベーション低下だとか。

たしかに、いつものギラついたカンジは無かった…かな。

嗚呼、休養も必要だろうけど…やっぱ、早く戻ってきて欲しいな~。
[PR]
by YosssingLink | 2006-04-11 00:06 | スポーツ

おめでとう!!WBC初代王者王JAPAN!

●王ジャパン、初代世界一 キューバ破る、WBC
●<国別対抗野球>王ジャパン世界一 10-6でキューバ降す

↑日本が!王JAPANがついに世界を獲った!!!
スゴいよー!スゴ過ぎるよー!
王ちゃんカッコいい~!!(カッキーン!)

---------------------------------------------------------------------

改めて「世界の王」に!
[PR]
by YosssingLink | 2006-03-21 15:54 | スポーツ

WBC「雪辱果たした!次はいよいよ世界一だーっ!」

王ジャパン決勝進出 6-0、韓国に雪辱

↑やりました王JAPAN!
今までの低調を吹き飛ばすような見事な勝利でした。

-------------------------------------------------------------------

続きを読む
[PR]
by YosssingLink | 2006-03-19 16:35 | スポーツ

WBC「自国チームを世界一惨めな球団にしたあの審判」

<国別対抗野球>日本が準決勝進出 メキシコが米国破る

↑いや、まさかの事態です(笑)。
ヘンに期待して改めてガッカリしたくは無かったので、無いものと
思ってましたけど…、こんなにも早く雪辱の機会が訪れようとは(汗)…。
ちょっと複雑ですが、準決勝も素直に王JAPANを応援したいです。

--------------------------------------------------------------------

続きを読む?
[PR]
by YosssingLink | 2006-03-17 19:28 | スポーツ

WBC王JAPAN無念…

<国別対抗野球>日本、1―2で韓国に敗れる 1勝2敗に

↑いやはや、残念でした。
熱く見守ってただけに、無念もヒトシオでございます。
ですが、韓国には完敗と言わざるを得ないですね。
韓国の強さは本物でしょう。
精神力、集中力の高さは見習うべきものがあるのかもしれません…。
(いや私見ですけど…汗)
いつかまた雪辱の機会があるといいですね。

日本、1-2で惜敗 準決勝進出は米国戦次第、WBC

↑一応、こんなことも言われてますが、多分無い気がします。
メキシコも日本に負けた後、
練習やめてディズニーワールドに行ったらしいですから(笑)。
もしかしたらアメリカに「負けろ」って言われてるのかも…
なんて思ったり(疑)。
[PR]
by YosssingLink | 2006-03-16 22:36 | スポーツ

トリノ五輪

<トリノ五輪>苦戦続く日本勢 メダルゼロに国内でも波紋

↑結果を速報で見るくらいしかしてませんけど、なんだか今回の五輪、
日本は芳しくないですね。
というか、まぁ本来こんなもんなんでしょうか…?

前回の冬季五輪や、この前の夏季五輪の日本の活躍が目覚しかったせいで
期待過剰になってたのかも…?

というか、やっぱ世界の壁ってヤツでしょうか。
よくよく考えたら日本みたいな特にウィンタースポーツが盛んでもない
島国が、そうそう世界の舞台でメダルが獲れるワケが…
なんつったら言い過ぎですが、まぁ、難しいのも当然ですね。

続きを読む?
[PR]
by YosssingLink | 2006-02-18 21:13 | スポーツ

K-1GPファイナル結果

先程、今年のK-1王者が決まったワケですが、
まぁ、予想通りのシュルト優勝でした。かなりのぶっちぎりで。
シュルト優勝はまず間違いないだろうとは思ってましたが、
内心番狂わせを期待してたんですよねぇ…。。。
シュルトが絡んだ試合はどれもほぼ一方的な展開でしたが、
それ以外の試合では判定→延長など、ワンマッチさながらの
潰し合いの消耗戦になってました。
ソレが響いて2戦目でシュルトやリザーバーのグラウベにあっさり葬られた…
ってワケでもなく、まぁ見る限り、たとえ初戦で当たったとしても
同じ結果になるであろう組合せだった、んじゃないかな…?

しかし、終わってみると、どーにもスッキリしないのは、

バンナが負けてしまったから…
バンナに勝ったアーツが負傷で続行不能になったから…
前人未到3連覇の懸かったレミーがあっさり葬られたから…
武蔵VSカラエフの判定が微妙だったとはいえ
何かしらの意図が働いたよーに見えたから…

というだけではなく、

準決勝のシュルトVSレミー
決勝のシュルトVSフェイトーザ

↑この2戦が過去の再現、焼き直しでしかなかったコトに
起因しているように思えます。

今回シュルトが誰と対戦しても、おそらくはシュルトが勝っていた…
そう思えるくらい、シュルトの強さは圧倒的だったのですけど、
例えばバンナやホンマンと組まれていたら…いえ、結果は変わらないにしても
何か違った発見というか、試合展開が見れたかも知れないのになぁ…
とか思ってしまいました。

今回、シュルトが優勝したということは、
次のGPにも当然出場するのだろうなぁ…。
だとしたら、一体誰が勝てるというのだろーか。。。?
フツーに考えて、同じくらいデカくて
それなりの技術を持ったヤツが現れない限りは…
仮にそんなヤツが出てきたとしても、そうやってデカいヤツばかりが
席巻し続ける状態になっていくのかな…?
ガオグライのような小柄な選手が王者になるチャンスが薄れていってしまうのは
なんだか寂しいカンジっス。
[PR]
by YosssingLink | 2005-11-20 01:15 | スポーツ

PRIDE武士道 其の九

PRIDEライト&ウェルター級ダブルトーナメントの
準々決勝、準決勝のオンエアが
日曜16時という微妙な時間帯に放送されました。

決勝に勝ち残ったのは
ライト級:五味隆典VS桜井“マッハ”速人
ウェルター級:ムリーロ・ブスタマンチVSダン・ヘンダーソン

↑大晦日の決勝はこのカードになりました。

今回の主役はやっぱり「火の玉ボーイ」五味でした。
初戦は川尻達也との新旧修斗王者対決でしたが
やはり五味は強かった!
壮絶な打撃戦を制して最後は裸締めで完勝!
いやぁ、名勝負でした(奮)。

年末の決勝はこれまた修斗王者同士の対決。

ちなみに私は修斗には詳しくないので、
桜井マッハ速人に関しては名前くらいしか知らないんですけど、
今回の試合を観てても、かつて五味にも勝利した
ヨアキム・ハンセンを下すなど、なかなかの強さを見せ付けてくれました。

こりゃあ、年末の決勝が楽しみですなぁ~。
年末の決勝といえば、HERO'S須藤元気VS山本KID徳郁もありますね。
五味の試合後、観に来ていた須藤がリング上の五味に呼ばれて
リングに上がり、マイクを持たされるという展開がありました。
「僕は違う大会なんですけど、
大晦日は皆さんの応援で格闘技全体を盛り上げてください。」
と、上手くまとめてました。

大人の事情とはいえ、視聴率合戦みたいなのは
視聴者にとっては困りますね。
どっちも観たいなぁ…片方は録画ですね(定石)。
[PR]
by YosssingLink | 2005-10-02 23:51 | スポーツ