タグ:ネタ絵 ( 50 ) タグの人気記事

『キングコング』

コレ観に行ったのは元日でしたが、ヴォリューミーな内容ゆえに
レビューを纏めきれず、長いこと放置してしまいました(汗)。
やっぱ観た直後にレビューしないとダメですね(凹)…。

あの『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が
自身が映画監督を志す切っ掛けになった作品ということで、
全身全霊でリメイクに臨んだ今作。
『キングコング』は確か、一度リメイクされており、
今作は2度目のリメイクってコトになるんですかね…?
モノクロのオリジナル版は見たことないんですけど、
1度目のリメイク版は見た記憶があります。
とはいえ、どんなのだったかはもう忘れましたけどネ(笑)。

オリジナル版のコングはコマ撮りで撮影されており、
1度目のリメイク版では出てこなかった恐竜とかも出てたらしいですね。
当時としてはその特撮が画期的だったらしく、
その後の特撮映画に多大なる影響をもたらしたのだとか…?
言わば、今回のリメイクもその余波ってコトになるんでしょうか?
さすがに今更オリジナルを観ようとは思わんのですけど、
旧リメイク版しか知らない(しかもうろ覚えの)私にとっては
まぁ新鮮というか、いやそうでなくても、とにかくスゴかったです!
VFXがスゴかったのは勿論のこと、ダイナミックな絵作りが
見事というか圧巻というか…!
フィールド一面を俯瞰で舐める映し方は『指輪』でも御馴染みの
Pジャクソン節(?)ですが、今回はそれだけでなく、
随所に迫力満点のカメラワークがこれでもかと盛り込まれていて
興奮の連続!

序盤は1時間くらいは地味なんだけど…(長っ)。

いや、そうなんですよ…、
この映画、188分(3時間超!)もありまして、
『指輪』もとにかく長くて、正直アレは退屈でしたけど、
今回の『キングコング』は退屈はしませんでしたが、
どうしてこんなに長いのか…?!
不必要に長い気がしましたが指輪のように退屈はしませんでした。

しかし、こんだけ長い尺で撮らせてもらえたのも
やっぱ指輪の成功あってこそなんだろうけど…
ソレも含めてかなり監督本位だよなぁ…この映画。。。
ここまで監督のワガママ(?)って通用するもんなのか…
まぁ、結果的に今回のは良かったけど…。。。


c0006445_2353932.jpg

↑ところでナオミ・ワッツの相手役を演じる俳優、『戦場のピアニスト』
でもお馴染みの彼(左)の名前が思い出せず、鑑賞中悶々としておりました。
そしてその彼、エイドリアン・ブロディー(左)は
しりあがり寿の絵(右)に似てると思いました(笑)。


↑少し話が逸れましたが…もとい、
そんなワケで、メインイベントの舞台、髑髏島(スカルアイランド)
に一行が辿り着くまでの、いわば前フリでさえ、やたらに長いです。
疲れていたら眠ってしまいそうなのですが、
序盤の見所としては大枚はたいて再現されたであろう
レトロなNYの街並みですネ。

そういった時代背景に合わせてか、
OPタイトルがコレまた地味レトロ。
「あれ?見る映画間違えた?」なんて思ってしまいます(嘘)。
そんなこんなで、序盤はセットや衣装は勿論、
脚本や演出までも古めかしいカンジで進行していきます(笑)。
今にして思えば、コレは後の派手派手しい演出とのギャップを生むための
布石だったのかもしれません。

そしてよーやく船が島に着いた途端に雰囲気がガラリと変わります。
そーです。『指輪』をご覧になった方なら御馴染みの
Pジャクソン節のオンパレード!
船が島の沿岸の岩場で荒波に揉まれて右往左往する場面を
お得意のダイナミックなカメラワークで描くところから始まり、
島の原住民の逝き過ぎたグロさは『指輪』のグールや
氏の最高傑作(笑)『ブレインデッド』の面影が…。
c0006445_2313436.gif

↑イキ過ぎ原住民の皆さん(笑)。
「トレコング(?)」はおばあちゃんの流行語らしい…。



しかし、ソレらは文字通り序の口に過ぎず、
コングにさらわれたアン(ナオミ・ワッツ)救出に
島の奥地に向かう一行の前には恐竜は襲い来るわ
巨大昆虫は群がるわ巨大コウモリは飛来するわのお祭り騒ぎ!

見所は巨大ゴリラだけかと思いきや、オマケがスゴ過ぎるって!

特にブロントサウルス(?)の暴走から始まるアクションの連続は圧巻です。
やや漫画的な無茶さがありますが、それゆえにリアリティーを重視した
『ジュラシックパーク』などとはまた違ったダイナミックな演出で迫力満点です。
遠近俯瞰煽りを自在に駆使したカメラワークも『指輪』からさらに磨きがかかり、
まさにアトラクション感覚!非常にオイシイ場面のオンパレード!
食べ放題です(笑)!

NYに戻ってからも市街での暴走、エンパイア・ステートビル頂上での
複葉機とのバトルなど最後まで見所満載!
お腹一杯!大満足でございます(笑)。
c0006445_23191112.gif

↑生贄として吊るされたナオミ・ワッツを強引にもぎ取るコング氏(笑)。


c0006445_23225333.gif

↑萌えフィギュアゲット~♪喜びのあまりブン回すコング氏(笑)。
ナオミたんフィギュアに掛かるGは相当なものと思われ。




大迫力のヴィジュアルとダイナミックなカメラワーク!
コレだけで観る価値は十二分ですが、勿論ツッコミどころも満載でしたので(笑)
次にその辺を列挙してみたいと思います。

どこかで既に語られているかと思われますが、
ナオミ・ワッツ演じるアンになぜか執着し偏愛し続けるコングは
フィギュア萌えヲタクに通ずるモノを感じさせます(笑)。
特にNYストリートでアンを探して金髪女性を物色して回る場面など、
アキバで限定美少女フィギュアを探して回る
Aボーイそのものじゃないですかっ(爆)!

つーか、そもそもなんでそんなにアン嬢に執着するのか、
その理由が薄弱なんですよっ。

なぜなら萌えるからですか?! ならばOK(爆)!

そう言ってしまえるほど、
フィギュア萌えの心理に訴える何かが確実にありました(笑)。
c0006445_23294877.gif

↑こういうシーンがあるかと思いきや、ありませんでした(当たり前だ)。



しかし、マジメな話(笑)、コングだけでなく、皆が皆、アンに執着し過ぎです。
島の原住民は、わざわざ船に忍び込んでまでアンを拉致りに来るし、
金で雇われただけの船員たちも、命の危険を顧みずにアンひとりを助けに行くし、
ティラノサウルスたちも他に獲物ならいくらでもあるだろうにアンを追い回して
コングに返り討ちにされてるし…。
全てにおいて動機が弱い!なんでそこまでしてアンなんですかっ?!

萌えるからですかっ?!ならばGJ(爆)!!

なんつって。
まぁ、そのいきさつを丁寧に描いて、これ以上長くなってもアレですからね。
ストーリーなど二の次的な映画なので、許容範囲内です。

んで、アンは随所でコングを庇いはするものの、
最終的にコングは死に、当然ながらアンは人間の♂とくっ付いて終わります。

(ビル頂上で、わざわざ梯子を昇って結局足手纏いになったり、
複葉機の前に立ちふさがって「撃たないで!」とか言うのは
正直ウザかったです:爆)

というか、最初から恋愛対象には成り得て無いってコトですな。
当然ですネ。コングの一方的な片想いですネ。
キモカワイイ♪などと持てはやされたからといって
付き合ってくれるワケではないですよネ。
結局最後はイイ男に持ってかれてしまうのネ(涙)。

やっぱりAボーイそのものじゃあないですかっ(爆)!
エンディングはサンボマスターに熱唱願いたかった(笑)!

[PR]
by YosssingLink | 2006-02-07 23:47 | 映画(◎) | Comments(6)

『Mr.&Mrs.スミス』


ブラピ(ブラッド・ピット)とアンジー(アンジェリーナ・ジョリー)。
最もSEXYでカッコイイ♂と♀が夫婦!そして殺し屋!
燃え萌えの条件が揃いまくったアクションコメディーです。

旅先(出張先?)で偶然出会い、意気投合し、果てに結婚してしまった
二人は、実は共に敵対関係にある組織に属する暗殺者?!

結婚後、お互い素性を知らぬまま数年が経ち、倦怠期を迎えた頃、
それぞれ個別に依頼された仕事の標的がかぶってしまい、
現場で鉢合わせた二人は標的そっちのけで一戦交えるハメに(笑)。
スナイパーライフルとロケット砲(笑)で撃ち合ったものの、
離れていたため、その場で互いの素性は割れなかったが、
夫婦でありながら、自分を狙った相手は誰なのか、
組織の力まで使って探り合うことに…。
そして伴侶への疑念に辿り着く二人。
互いに警戒し、探り合いながらのディナー。
そしてふとした仕草で疑惑が確信に変わり、
命がけの夫婦喧嘩が幕を開ける…!!

まぁ、アホなアクション映画ですが、なにげに
夫婦関係のなんたるか…だとか、倦怠期を迎えた夫婦の在り方
みたいなテーマが盛り込まれている…って風に見えなくも無いです(笑)。

キッチンで壮絶な肉弾戦を繰り広げた後、第二ラウンドはベッドで(爆)

…みたいな痛快なお約束(?)があったりするのですが、
つまりはマンネリ夫婦にゃたまには刺激も必要ってコトですか(笑)。

見所はやはり、なんといっても主演二人に尽きるのですが…、
しかし、順序が逆とはいえ、実生活でもラヴラヴになっちまったがゆえに、
オノロケグラフィティーにしか見えなかったりして(笑)。
ああもう末永く御幸せに~ってカンジですよ(爆)。
お二人の披露宴ででも上映なさったら宜しいんでないですか(笑)~?

でも、この二人だと不思議とイヤミではないんですよねぇ~。。。
お似合い過ぎると言うか、この二人だったらむしろ、
俳優同士というより暗殺者同士って方がしっくりくるかも(笑)。

てなワケで、二人のファンなら観て損無しだと思いますが、
まぁ、フツーのアクションコメディーとしても楽しめなくは…。
両者のファンである私の個人的な意見としては、
コレを観て二人の魅力を知るなり再認識なりして欲しいかな(笑)。

c0006445_22183695.jpg

↑萌え~、なのかどーか分かりませんが(笑)、
こんなカッコもしてました(爆)。
他にもブラックレザーの女王様コスプレとかもありまス。
[PR]
by YosssingLink | 2006-01-10 22:25 | 映画(○) | Comments(4)

Xmasゲリラ(?)

Xmasカードイラスト

↑昨日の夜中にXmasイラストをばら撒きました。
要らなかったヒト、すんません(笑)。

早めに配ったのは
当日までに気付いてもらえなかったら困るからです(笑)。
(それでも気付かれなかった場合は、嗚呼…)

c0006445_1725241.gif

[PR]
by YosssingLink | 2005-12-11 17:25 | イラスト | Comments(14)

Xmasカードイラスト

年末年始は行事が詰まってますネ。
まぁ、クリスマスと正月のコトですけど(笑)。
別にクリスマスだからって、何するワケでもない私ですが(哀)、
なんとな~くXmasカード的なイラストを描いてみたり…。
んで、ハリキリ過ぎて、
年賀イラストの方が疎かになりそーです(汗)。
c0006445_214773.gif

[PR]
by YosssingLink | 2005-11-29 21:05 | イラスト | Comments(7)

『ブルース(?)2』

自身初のやおいマンガ(汗)。
続くかどーかは分かりません。。。
思いのほかバタ○さんがお気に入りキャラに(笑)。
下の絵をクリックして下さい(4コマへジャンプ)。

[PR]
by YosssingLink | 2005-10-22 19:27 | 自作マンガ | Comments(25)

思いつき4コマ『ブルース(?)』

ある意味、私にとって初の同人ネタかもしれん…(汗)。。。
サイズが合わんかった…クリックして別ウィンドウで見てネ。
c0006445_18514279.jpg

[PR]
by YosssingLink | 2005-10-22 00:45 | 自作マンガ | Comments(8)

リハビリ~♪

以前、私の右手がメルトダウン(?)しちゃってから
かれこれ1ヶ月ほど経ちましたが、
徐々に復調して現時点では自重+αくらいは
手首の返しが利くよーになりました。
TVとかのリモコンくらいなら(手首の力で)持ち上げられますが、
まだそれ以上重いモノは重力に負けまス(弱)。
あと指の動きもなんだかヨワい…。

とまぁ、まだ完全回復では無いですが、とりあえず
タイピングとか絵描きとかはそこそこイケるよーになったっぽいです。

つーワケで、久々にイラスト描いてみましたス。

…うーん、事件当時は再び絵が描けるよーになったとき、
きっとトテツもなく新鮮な気分なんだろうと想像してたんだけど、
案外そうでもないネ(笑)…。。。
まぁユルやか~に回復してったから、もう身も心も慣れちゃってて
当時の焦燥感とか絶望感とかも忘れちまったよ(爆)っ。
c0006445_7202261.jpg

んんー…、やはりまだ、うまく線が引けませんなぁ…
デッサンも狂いがち…、いや、待てよ…
元々こんなもんだったかも(汗)…?
故障のせいなのか、元々の腕前なのか微妙~(爆)。。。

c0006445_720508.jpg

↑そんなこんなで1ヶ月ぶりに描いた謎の絵(即興)。
何回も描いたり消したりしました…、あ。ソレは前からそうだったか(汗)…。
てコトはまぁ、絵を描くのには十分てトコまで来たってコトかしら?
いや、良かったですネ。素直に喜びましょう。
至らない部分は現時点の実力だと潔く認めましょう(笑)。
完全回復まではもうちょいってトコですね。ふふふ。。。


あ。せっかくだから、HPのTOP画にしよ…。ふふふ。。。
[PR]
by YosssingLink | 2005-09-11 07:34 | イラスト | Comments(16)

髪を切りました。

c0006445_20423061.gifやたらに髪が伸びてきて、いろいろ不都合なので
(シャンプーが勿体無かったり、寝グセがひどかったり抜け毛が排水溝に鬱積したり…)
髪を切ることに。

あ。ちなみに髪型はあまりこだわりません。
伸びたら切る…それだけ(駄)。



c0006445_20434872.gifつーワケで、スッキリさっぱりバヤリース(?)。
やっぱり夏はコレに限りますね。

いや、もちろんウソですが。
黒人さんはスキンヘッドが似合うのでうらやましいですよ。



c0006445_20461572.gifホントはこんなカンジ。

スッキリ。

コレがまた切る前の状態になるまで放置されると思われます。
以後繰り返し(笑)。


[PR]
by YosssingLink | 2005-06-12 20:51 | 日記 | Comments(8)

『呪怨』(ハリウッド版)を観ました(呪)。

ジャパンブームで沸くハリウッドに、遂にあの『呪怨』が上陸!
全米震撼(笑)!!

んで、逆輸入!!

つーワケで、話題騒然(?)のハリウッド版『呪怨』を
遅ればせながら観てまいりました。

ワタクシ、呪怨を初めて観たのは最初に映画化されたときですね。
ビデオ版がヤバいってのは、映画化以前に誰かに聞いたことがありましたわ。
ファン(?)の間では、やっぱビデオ版が最恐らしいですね。
いや実は、私は映画の1と2は見たんですけど、
肝心のビデオ版を観てないのでした。
ビデオ版を観ずして呪怨を語るなかれ~ですかねぇ…?
とりあえず、ビデオ版は観てないですけど、
話題の『呪怨』についてアレコレ語りまス。

あ。ちなみに、日本版を観てのちハリウッド版を観たあるヒトは
日本版の方がコワかった、と言ってたらしいです。
んで、そのとき思ったんですが、
やっぱ人間、最初に見たモノを一番だと思う傾向がある、んじゃないかと…。
加えて、この映画の恐怖演出って、ホント一発目だけなんですよ。
(↑コレについては後述。)
なので、「ビデオ版が一番コワい」という説は、
ビデオ版を最初に見たヒトの見解でわなかろーか?と憶測してまス。
いや、見比べてませんけど。

前置きが長くなりやがりましたが、
でわ、今回のハリウッド版『呪怨』はどーだったのか~、つーと…。

…あ、それからちなみに(まだあるんかいっ?!)
今回の製作(プロデューサー?)は、サム・ライミ氏なんですね。
…って、周知の事実ですか?(ま、一応…)
んで、ライミ氏のたっての希望で、監督はオリジナル版と同じ
清水ナントカ監督(すまんス。忘れてもた…)。
んで、コレもライミ氏の要望か、それとも清水氏が決めたのか、
舞台も日本でメインステージとなるあの家も
ほとんど(つーか、全くと言っていいほど)同じ作り。
さらに、呪いの元凶、カヤコ&トシオ親子も同じ役者。
ストーリーもほとんど同じ。
(オチがちょっと違うのかな?…忘れた。)
親子以外の役者をガイジンに変えただけ、と言っても過言でわない。
うむむ…、はたしてコレでリメイクの意味があったのか…?
甚だ疑問ですわ。
まぁ、リメイクしたおかげで米でヒットしたワケだから
商業的には大いに有意義だったと思いますが、
作品としての意義はあんまし感じられんカンジ。個人的に。
まぁ、作品の性質上、流れとしては必然だったかと思いますけど。
まずストーリーなんて無いようなもんだから(演出が肝)、
清水監督起用ってのは、当然でしょうね。
んで、監督曰く、西洋人の幽霊じゃイメージが違う、とのことで
(確かに…)呪怨の代名詞たるあの二人の役者起用も必然。
幽霊が日本人なら家も日本家屋じゃなくちゃ…、
じゃあ、もう全部同じでいいじゃん?
…って流れかどーかは知りませんが、かくして呪怨は
コレでしかありえないってコトですか。

でも私としてはリメイクするからにはアメリカ版にして欲しかったですね。
実際、向こうでヒットしたみたいですが、アメリカで暮らす人々に
ちゃんと恐怖が伝わったんだろーか…?
話題性と流行で売れただけなんちゃうかな?
なんでこんな勘繰りをするんかってゆーと、
私が思うに呪怨のコワさの要素のヒトツとして、
一般的な日本人が誰でも馴染みのある舞台であるがゆえに、
観てる我々が自分(の生活)に置き換えて想像したり、
観終わって家に帰って夜一人のとき、思い出して
きゃーってゆーのが容易に出来るからこそ…ってのが
あると思うんですよ~。
「日本の幽霊が一番コワい」ってのは、思うに日本人の主観であって、
異文化圏の人間にとっては…、
まぁ、そのへんは実際異文化の人間になってみないと
分からないんですけどね。つまるところ。

んで、結局、今回の呪怨はワタクシ的にコワかったのか?!
と言うと、…?

全然コワくなくて、むしろ笑えました(爆)。。。

コレにはまぁ、察しはつくかと思いますが、ワケがありまして…。
まず、ほとんど同じ作りの日本版を観てる、
というコトと、先に少し触れましたが、

清水流恐怖演出は二度は通用しない!

と言うことです。(監督にわ失礼ですが…汗)。

そーゆー意味で、ワタクシはこの呪怨シリーズを
「最恐のこけおどしホラー」
だと思っています(重ね重ね失礼ですが…汗汗)。

なんつーか、おそらく観ていただいたら分かると思うのですが、
確かに初めて見たときは衝撃なんですよ。
ワケの分からないコワさってヤツですね。(日本のホラーにありがち)。
ところが、ソレに慣れてきて、冷静に見てると
もうシュールなギャグとしか見れないとゆーか。
だいたい次、こう来る、ってのが読めてくるんス。
であるからして、初めて観た日本版の『1』を見終えた時点で
私の中のコワい呪怨は終わっており、
日本版の『2』からはもう清水ギャグでした(爆)。
こう思ってるのは私だけですかね…?

そもそも制作側が一番見飽きてると思うんだけど、
そのへん、なんも疑問に思わんのかしら…?
分かっててやってるのかな…???

つーワケで、ワタクシの結論は、
「呪怨はどれから観てもヨイですが、二本目からはギャグ。」
です。

以上。。。


あ。

あと、今回も見受けられた
ワタクシが常々快く思っていない
「邦画によく見られる間の取り方」
について書こうかと思ってたけど
疲れたので、いずれまたにしまス。

呪怨ファンの方、すんません(汗)。。。

c0006445_20463298.gif

[PR]
by YosssingLink | 2005-03-12 20:47 | 映画(×) | Comments(4)

『アナコンダ2』を観ました(笑)。

んで、昨日観た映画の1本目(!?)ですが、
ボルネオのジャングルで、大蛇に襲われる映画の続編
『アナコンダ2』です。

ワタクシ、前作も観に行きました(笑)。
蛇大好きデス。多分。

前作ではハリウッド版『ShallWeDance』に出演のジェニファー・ロペスが主演、
悪役にA・ジョリーの親父、ジョン・ボイトと、なんだか豪華なキャストでしたが、
今回はこの手の2作目らしく(?)、よく知らない役者ばかりデス。

単館上映だし、話題にもなってないので、安い作りなのはちょっとは覚悟してましたが、
『スパイダーパニック』のよーにVFXだけは一級だったら嬉しいな~とか期待もしてました。

んで、結果、肝心の蛇のアクションが少なめでちょっとゲンナリ。
ハナシは黄金パターンというか、非常にストレート。
脚本術の教科書に載るよーな、良く言えばツボを押えた作りでした。
嗚呼~、もっと蛇がウネりまくるのかと思ってたのに。
前作もラストまでほとんど蛇が出てきませんが(この手の映画のお約束ですね)、
まだ今回よりも見応えがあったかな。蛇に関しては。
まぁ、つまらないわけでもなかったですが、TVで十分ですね。
TVで観てください(爆)

c0006445_14392859.gif

[PR]
by YosssingLink | 2005-03-12 14:40 | 映画(△) | Comments(0)