人気ブログランキング |

年末特番!伝説の怪物、ビッグハンバーグを追え!

みかん王国○山市に太古の昔から棲んでいるという伝説の怪物『ビッグハンバーグ』。
目撃証言によると、それは体長25㎝、体重500gはあろうかという巨大な生物、
現地を訪れた観光客にも度々目撃されているが、未だに死体や化石が発見されておらず
その実体は謎に包まれたままである。
今回番組に寄せられた目撃証言の真相を確かめるべく、我々は現地へ飛んだ。


c0006445_285992.jpgビッグハンバーグの目撃例が集中している村『アムール』。
ビッグハンバーグとはアムール語で『巨大な肉塊』を意味している。
アムール村では先祖代々、ビッグハンバーグを神として崇めているという。


我々が村に入ると、村人が声を掛けてきた。

村人「ご注文はお決まりですか?」

これが現地の挨拶である。

では早速、ビッグハンバーグのことを聞いてみよう。
「あのう、このあたりにビッグハンバーグがいると…」

我々がビッグハンバーグの名を口にしたとき、村人が即座に反応した!
「ビッグハンバーグですね?かしこまりました~。」

それだけを言うと、村人は村の奥へと消えていった…。
どうやら「ビッグハンバーグ」と聞いて、我々の目的を瞬時に察知したらしい。
村人にとってはビッグハンバーグはそれほど珍しいものではないのだろうか?
とにかく、もう少し詳しく話を聞いてみる必要がありそうだ。
うまくいけばビッグハンバーグの巣に案内してもらえるかも知れない。

だがしばらくして、あの村人が両手に何かを携え戻ってきた。
そして我々はその村人によって驚くべき光景を目の当たりにする!

「お待たせ致しました~。ビッグハンバーグになります。」

通訳のスタッフが興奮気味に我々に伝える!
「コレがビッグハンバーグの死体だと言ってます!」

なんと、村人が我々の前に運んできたのはビッグハンバーグの丸焼きだった!
言われてみれば、形、大きさ、そして付け合せの野菜…
確かに証言と一致している!
やはりビッグハンバーグは実在していたのだ!
だがなぜ丸焼きなのか?
村人によれば、客人はビッグハンバーグの丸焼きでもてなすのがしきたりなのだという。

ついにビッグハンバーグの決定的な証拠を掴んだ!
だが、こうなれば、是非生きたままビッグハンバーグを捕獲したい!
だが村人によれば、ビッグハンバーグは神聖な動物であり、よそ者に会わせることは出来ないという。

村の戒律を破るわけにもいかず、我々は仕方なく、捕獲をあきらめ、丸焼きを頂くことにした。

●世界初!このあと、ビッグハンバーグの生態の謎に迫る!

c0006445_222048.jpgこれが世界で初めて公開されるビッグハンバーグの全身を捉えた写真である。
その大きさがお分かり頂けるだろうか?
大きさを比較するため、写真の中央下に100円玉を置いてみる。
このサイズであれば、体重は裕に500gは超えているだろう。
報告されている中でも最大級のものと言っていい。




c0006445_2233646.jpg上の写真の矢印が示す部分(100円玉)を拡大してみる。
ハッキリと人の顔が浮かんでいるのが分かる…。





では味はどうだろうか?

我々は恐る恐る、ビッグハンバーグの肉を口へと運んだ。

「う…、旨い!」

ビッグハンバーグはその外見とは裏腹に、美味であった。
外側はやや柔らかく、中央付近の肉は弾力があり、食文化の全く違う我々でも意外とすんなり受け入れられる食感である。

だがこの後、我々の身に思わぬ災いが襲い掛かる…!

c0006445_2271693.jpg我々がビッグハンバーグの半身をたいらげた頃、ふと体が重くなるのを感じた。
おかしい…、先程まで食が進んでいたのに、急に体が受け付けなくなった?!
だがここでやめるわけにはいかない。ビッグハンバーグを食べ残すことは、神への冒涜を意味するからだ。
我々は苦痛に耐えながら、ビッグハンバーグの肉片を次々口へと運んだ。
この苦しみは、もしかしたら、興味本位で神聖な領域へと足を踏み入れた我々への戒めだろうか?



c0006445_228269.jpg伝説のビッグハンバーグを完食。
体の中に、何か神々しいものが宿ったように感じる…。
「神を食することで、神の力を得る」…。
村にはそんな言い伝えもあるのだという。



今回の取材で、我々は生きたビッグハンバーグに出会うことは叶わなかったが、
ついにその存在を明らかにすることに成功した!
あなたも現地へ行けば、生きたビッグハンバーグに出会えるかもしれない…。

(取材費:1,080円、ライス付)
by YosssingLink | 2004-12-20 02:59 | ネタ帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yosssy.exblog.jp/tb/110738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 『エイリアンVSプレデター』を観た。 またやった。 >>