人気ブログランキング |

『墨攻』


「10万の敵にたったひとりで挑む」
「それはかつてない智略に富んだ戦い」

などのコピーに釣られて観てきましたw。

紀元前370年頃の戦乱の中国、陥落寸前の梁城に現れた一人の男、革離。
抵抗を諦め、降伏を考えていた梁の王と民に、
「戦って敵の侵略を退け、勝ち取った自由にこそ価値がある」と鼓舞し、
兵も民も総動員しての篭城戦を開始する…



-------------------------------------------------
コレは日本、中国、韓国、香港の合作だそうですが…、
原作は日本の同名コミック(の、更に原作は同名小説)だとか…初耳。
まぁ、『ビッグコミック』は読んでませんでしたし…中国の歴史モノとか
そんなに興味も無かったので(汗)。。。

で、中国の歴史には疎いワタクシですけど、コレはなかなか面白かったです。
「三国志とかの方がもっと面白い!」とか、誰かに言われそうだなぁ…(汗)。
いやまぁ、三国志とかは置いといて…(汗)。

話はイキナリピンチの梁城から始まります。
なんか、『英雄』のときもそうでしたけど、最初にそこまでのイキサツというか
背景などがテロップで出て…ってのは、この手のアレの定番ですかね。
まぁ、前置きがやたら長くなってもアレなので、いいと思いますが(笑)。

で、「墨家」に援軍を要請したはずなのに、やってきたのは
一人の墨者(墨家の思想を説く人ね)、革離(かくり)。
直後にやってきた敵の軍勢(既に梁の使者が降伏を告げていた)…
その大将に
「半歩でも近づけば容赦しない!」と、矢を放つ革離。
なんだか威嚇とも挑発とも取れますが…(汗)、
怯んだ敵将は軍団諸共一時撤退。
梁の民衆は大喜び…で、いいのか(汗)…?
なんて、ちょっと思いましたけど…、
次は大軍で押し寄せる、と、革離は防衛戦略を指揮します。

やがて敵の軍勢が…
最近の映画のこういうシーンの描写は、『どろろ』の戦乱シーンもそうでしたけど、
CGで有り得ないほどの数の兵隊を俯瞰で撮ったり…ってのが、よくありますが、
本作では…まぁ、私が気付かなかっただけかもですが、
CGじゃなく、全てエキストラ、だったみたいです。
CGは、まぁCGって判ってても
「ぅわー、すげぇ大軍…当時こんなに人間居たのか…(汗)?」
ってカンジ(?)で、見てて面白いですけど、
…今作のよーに全てエキストラってのも、まぁ、インパクトは比較的劣るかも
ですが、よくこんだけヒトと衣装を準備したもんだ…とか
なんだかそんな風に思ってしまいましたw。

まぁ、なんだか余談ばかりですが…(汗)

で、前半~中盤あたりまで、戦の描写が続きますが…
後半、話の展開が変わってきます。
墨家の思想、「非攻」「兼愛」を掲げ、完璧な理想を目指す革離ですが、
人間の業、矛盾、戦の虚しさなど、理想では解決できない現実に直面し
思い悩んだり…。
劇中でも、革離に教えを請う梁の皇子に「完璧などないのです。」
という台詞があり、ソレが後々の展開を暗示しているカンジでした。

まぁ、かつてのハリウッドの戦争モノとかだと、勧善懲悪というか、
敵に勝利してハッピーエンドだったりですけど…
で、まぁ、この手の東洋の思想が絡んだアレとかだと、こういう方が
定番なのかもですけど、最終的になんだか切ない終わり方をします。
まぁ、先ほどもちょっと触れましたけど、戦の虚しさというか、
そういうのを描いてるんでしょうか。
『英雄』(引用しまくり)も、最後はなんだか切ないというか…
言い方はアレですが、煮え切らない終わり方と言うか…
最後に後日談のよーなテロップが入って終わるのも同じだったりw。

ま。いろいろ言いましたが、いろいろ考えさせられるし、面白い作品でしたよ。

ぁ。ただ、ひとつアレだったのが、
クライマックスで、革離が「私の援軍です」っていうくだりがあるんですけど…、
その援軍の狼煙的な、あのアレが…なんか、
「ぇ。ソレ、一人で?!しかも素手で?!掘っ…(汗)?!」
っていうカンジで…重要なファクターなのに、なんだかトホホ感が…(汗)
あの部分がちゃんと出来てたら、もっと良かったかと。。。
by YosssingLink | 2007-02-11 01:50 | 映画(○) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://yosssy.exblog.jp/tb/5500468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みすみ。 at 2007-02-11 15:06 x
三国志のほうが面白い!!

などとは申しませんがw
誰ですか?誰かって。

墨学はすぐれた思想ですが、理想が高すぎて
廃れてしまったんですよね。
こういうのは知りませんでした。
ちょっと面白そうですね。
見つけたら観てみます。
Commented by la_plata at 2007-02-12 01:28
春秋戦国時代は面白いエピソードがたくさんありますけど、
墨家とはマニアックな…と漫画版をチラッと見た時に思った記憶が
あります。いくら年齢層高めなビッグコミックとはいえ(笑)

なのでまさか映画化されるとは意外でした。
Commented by YosssingLink at 2007-02-12 21:31
みすみさん、ちわ~ス。
ぃぇ、別に誰ってワケでも…。。。
ただ、私は三国志とか全く知らないし、でも好きな人は多いと思うので…、まぁ、予防線(?)として書いといただけですw。

墨家とかも今回初めて知りました。
「理想が高すぎて…」とか、劇中でもそういうところがありました。
ああいう人間ドラマは結構好きなので、興味深く観賞致しましたよ。

気が向いたらどーぞw。
Commented by YosssingLink at 2007-02-12 21:35
プラ太さん、ちわ~ス。
いや~、私はその手の歴史モノには疎(以下略)…

墨家は中でもマニアックな部類なのですか…。
どーりであまり聞いたことがw。。。(他もあまり知らんけどw)
なんか、「カリスマコミック待望の映画化!」だそうですよw?
日本ではマニアックでも、中国とかアジアでは結構有名なのかな…?
Commented by btfleam at 2007-02-13 23:28
こういった映画に興味を持つのですが、まったく観にいってません(笑)
クライマックスがダメでしたか~。
最後がダメなものほどガッカリするものはないですよね~。
この間TVで「マトリックス」の第3部作を見たのですが、中盤まではワクワクしながら見たのですが、最後が・・・
「ロード・オブ・ザ・リング」もそうだったのですが、最後が悪いとすべてが悪く見えますね~。
Commented by YosssingLink at 2007-02-14 00:22
ドレスさん、ちわ~ス。
いえ、その…ダメってワケでもないんですけど…汗。
いや、全体的にはとても良かったですよ。
ただ、どういう手でくるのか(?)期待してた部分でもあったので、もうちょっと納得のいく形であってくれたら良かったかな~、と。

マトリックスは1~3と、だんだん単純に楽しめる要素が減ってってるカンジですね。
話的には深みを増してますが…正直、私の脳ミソレベルではついていけない方向に…汗。
公開当時は全く意味が分らなくて、「なんだよ!?」って思ったんですけど、後から「ぁー。そーいう意味…なのかな?」と、まぁ、なんとなく分ったよーな気がして、それほど捨てたもんでもないかなーと、思い直したりw。
まぁ、3作も続けば、飽きてくる部分もありますよねw。

指輪物語は…確かに壮大ではありましたけど、実は個人的には全編に渡ってかなり許せない部分がいろいろと…(汗)
特にラストの…、フロドが結局指輪の誘惑に負けてるしw、最後、ガンダルフが鳥に乗って助けに来ますけど…
「だったら最初から鳥で捨てに来い!!」などと思ってしまい、もう、アレでしたw(まぁ、最初っからツッコミどころ満載なんですけど…w)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 真の納豆ダイエット! まんがの達人 >>