人気ブログランキング |

No.014『トマト』

私はトマトが嫌いだ。

あれほど嫌いだと言ってるのにもかかわらず、
今日の昼食にも我が物顔でトマトが入っていた。
私はサラダの中のトマトをフォークで選り分けて、それ以外を食べた。

「好き嫌いは良くないよ?」

気が付くと私の横にトマトが立っていた。

最近、トマトの妖精が私の前によく現れてはどうでもいい話を聞かせてくるのだ。

「トマトも食べなよ。慣れれば美味しいんだよ?」

こいつ、トマトのくせに…仲間が食われて平気なの?
ああ、そうか、妖精だから概念が違うのか。
焼肉屋の看板で、牛自身がアピールしてるっていう、アレと同じか?
ふっ…。慣れれば美味しいか?
まぁ、食わず嫌いって人もいるからね。
でも、私のトマト嫌いはそんな生易しいもんじゃあないんだよ。

私は一切れのトマトにフォークを突き立てた。

「お?食べる気になった?」
「…、こんなの、食べ物じゃ無いよ。」

そう言って、すり潰して見せた。

「あーぁ…もったいないなぁ…。」
「…ねぇ、私がなんでトマト嫌いか、知ってる?」
「え…?えーと…、風味とか、酸味とか…?」
「そう…、味も臭いも最悪だけど、ただそれだけじゃない…。
トマトはイヤなコトばかり思い出させるのよ。」

物心付いたときからトマトが食べられなかった。
クセの強い野菜だから、最初は誰だって抵抗あると思うの。
でも未だに食べられないのは、
あのとき親がムリヤリ食べさせようとしたからだわ。

「ああ、トラウマってヤツだね?」

そうね。まずはそれで嫌いになった。
でもうちの親は毎日トマトを出してくるのよ。
私は泣いて抵抗したわ。それでも親は許してくれない。
しょっちゅうぶたれてたわ。まるで拷問よ…。
毎日の食事にいつも怯えてた。
いくら食べたって慣れないんだから…。
芋虫でも食べてるような気分だったわ。
分かる?この屈辱。
毎日虫を食べさせられるこの屈辱が…。
口にすればするほど嫌いになっていったわ。
ええ、憎しみさえ感じるわよ。
私はトマトが憎い。

「そんな…。気持ちは分かるけど、トマトに罪は無いんじゃない?
キミはきっと、過去の苦い経験と、トマトを直接結び付けているんだよ。
だからその時の辛い経験ばかりに気が行って、
トマト本来の味の良さを見失っているんじゃないかな?」

「へぇー。でもソレって何がいけないの?
あんただって嫌いなモンくらいあるでしょ?
そんな理屈で自分を騙せば何だって食えるっての?」

「……。」


…小学生の時、学校の近くにトマト農園があってさ。
だからか知んないけど、給食でトマトが出てくるのよ。
丸ごとだよ、丸ごと1個、丸のままで。
正気じゃないって。トマトを丸まま給食で出すなんてさぁ。
それで私がトマト嫌いなのを知ってて、
ニヤニヤしながら、あげる、あげるー、って
くれるヤツとかいるんだよね。
それを面白がって真似するバカも居たりしてさ。
あっという間に私の机の上はトマトの山になったよ。
トマトを持って追い回すアタマの悪い男子が出てきたかと思えば
調子に乗って私にトマトを投げつける輩まで出てくる始末。
熟れ過ぎなくらい熟れてたトマトだったから、思ったほど痛くは無かったけど、
私の服にトマトの汁とあのイヤな臭いがベッタリ染み付いた。
身をけがされたと思ったよ。
なのにみんな笑ってた。
心なしか、トマトも笑ってるように見えた。

「…それはまた、悲惨なお話だけど…、
でも、その場合はトマトだって被害者なんじゃない?
トマトもそんな扱いを受けて、嬉しいワケないよ。
きっとキミと一緒に泣いていたに違いないよ。」

「じゃあ、スペインのトマト祭りは?」

「……。」

「私に言わせれば、アレこそが地獄絵図だね。
スペイン人じゃなくてホント良かったよ。」


…前に付き合ってた彼がさ、よりにもよってトマトが大好物だっていうのよ。
どこのお店に行っても必ずトマトが入った料理を注文するアイツ。
私の目の前でこれ見よがしにトマトを頬張るアイツ。
別にアンタがドコで何を食おうが文句は言わないけどさ、
せめて私の前では遠慮して欲しいよね。
そう言ってやったら、アイツ、なんて言ったと思う?

「うっせぇなー、文句あんならお前帰れよ!」

信じられない!私よりトマトかよ?!
私は頭にきて、アイツのお気に入りのトマトに
フォークを突き刺してぐりぐりしてやった。
アイツは血相変えて「おい!何すんだよ?!」だって。
ふんっ、ざまあみろだわ。
それでアイツとはソレっきり。

「…つくづくトマトに縁が無いんだね…あ、縁があるのか…?
キミがトマトを毛嫌いする理由が分かってきたよ。」
「そうでしょ?こんな目にあえば、誰だって嫌いになるわよ。」


…この前、家に帰ったら、相変わらずうちの親がトマトを出してくるのよ。
しかも丸ごと。
さすがにもうウンザリ…、いい加減私も我慢の限界だわ。
そのトマトをこれでもかとフォークでザクザク刺してやった。
ぐちゃぐちゃに潰れたトマト…なんてキモチワルイ食べ物かしら。
そして臭いもサイアク。
でも私はスッキリしたわ。
あんなに清清しい気分は久し振りだったね。
今まで我慢せずに、もっと早くこうしてれば良かったわ。

「…それで、キミのトマト嫌いは、やっぱり直らないのかい?」
「ええ。多分、一生直らない。」
「…まぁ、嫌いなものも、その理由も人それぞれだけど…、
固定観念に囚われてないで、
たまには違う見方も必要なんじゃないかな…?
まぁ、コレは食べ物の好き嫌いだけじゃなく、
人間関係にも言えることだと思うけど…。
嫌いなトマトをムリに食べろとは言わないけど、
…例えばトマトが好きな人は、何で好きなのか…
って考えてみたらどうかな?」

「…アンタも私なんかのために、熱心だね。…それともトマトのため?」
「いや、もちろんキミのためだよ。」
「…フッ。分かったわ、少し考えてみるよ…。」
「え、そう?そうだね、ソレがいいよ。
それじゃ、そろそろ行くね。」


トマトの妖精が部屋を出て行った。
私は皿の上に残ったトマトの切れ端を暫く見つめた。

「食事、終わりましたか?あ、またトマトだけ残して…。
ちゃんと食べなきゃダメですよ?」

看護婦がトマトの乗った皿を片付けた。

「あ、相沢さん、そろそろカウンセリングの時間ですから。」

私が頷くのを確認して看護婦は出て行った。


ふと窓の外を見ると、さっきのトマトの妖精が外を歩いていた。
こっちを見たので手を振ってみた。
そしたら向こうも気付いて大きく手を振って応えてくれた。
私はちょっと嬉しくなってもっと大きく手を振った。

「あ。」

そのとき大きなトラックが窓の外を横切っていった。
そのトラックにかき消されるようにしてトマトの妖精は居なくなった。

途端に外が騒がしくなった。
私は窓に駆け寄って、身を乗り出した。
道路の真ん中でトマトが潰れて拡がっていた。
辺りに人が集まってきて、遠巻きにそれを見て騒いでいた。

…どうやら、トマトの妖精は潰れたときのみ他の人にも見えるらしい。





『トマト』:yosssy(2005/02/06)
by YosssingLink | 2005-02-12 17:13 | ショートショート | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : https://yosssy.exblog.jp/tb/660256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by stagezero at 2005-02-12 17:43
会議おわった~。でもまだちょっとやることがあるの~。
なのに、こっそりここ読んじゃうの~(笑)

同僚にトマト嫌いなヒトいるんですよ。サンドイッチの中からも引っ張り出して残してます(笑)

ブラックユーモアなんですね、これ。「カウンセリング」だけで気づかせるとこがすごい「ああ~、そういう病院なんだ~」ってね♪
トマトがつぶれたのを見て逆に発想していって創られたのでしょーかー
ブキミ感が残ってよかったですが、ほんのちょっと、間の説明なんか
飛ばし読みしちゃった(トマトがそこまで嫌いっていうのに、なかなか同感がもてなかったのかも。ちょっとだけね)
ブラックじゃなくて、題材だけにレッドユーモアって(笑)
Commented by penkunginkun at 2005-02-12 22:30
トマトと言えばモスバーガー、中身抜くのですか?(オーマイゴッド!!)
確かにトマトには、ぐちゃと言うイメージがありますね。
そこをとった作品なのでしょうか?
臭気はそんな酷くはないのでは?私的に、ちょっとここひっかかりましたね。
Commented by YosssingLink at 2005-02-12 22:57
たぬさん、ちわっス~。
ワタクシは大のトマト好きですよー!
生で何も付けずに食うのがやっぱ一番ですね。
丸かじりなんかもうサイコーですわ。
どこのお店に行ってもトマトが入った料理を注文します(いや、ソレはウソ)。

このハナシはネタに詰まってアレコレ考えてる時、次はどんなジャンルで行こーか…なんて考えてたら、
あーそー言えば、「スプラッター」ってトマトが潰れるときの擬音が語源なんだっけ…
欧米人は人間の血肉とトマトをリンクさせているのだなぁ…
む!?そうか!コレだ!
↑で、考えた話がコレです。

ちょっとグロいネタでしたな~。

ありがと~ございました~。
Commented by YosssingLink at 2005-02-12 22:57
ペン蔵さん、ちわっス~。
モスのトマト、今でこそ定番ですけど、当時(?)は画期的でしたよねぇ~。アレはウマいっスよねぇ~(ファーストフード通?)。
臭いは多分、嫌いなヒトにとっては気になってしょーがないんじゃないか、と思ったので、演出脚色の意味も込めて強調してみました。
あと、臭いや潰れたトマトを主人公視点でキモイものとして描いたのはオチへの伏線のつもりでもあったんですけど、例によって気付かれなかった…?
もしかしたら、主人公がトマトだと思って刺したのがヒトだったってトコも気付かれてないのかしら…(汗)。

ま、実はそんなハナシでしたってコトで。

ありがと~ございました~。
Commented by sumi-yoshi at 2005-02-12 23:05
そうかー、うちの旦那がトマトが嫌いなのにはそんな理由があったんでsね…
気をつけよう(^◇^;)
Commented by YosssingLink at 2005-02-13 00:19
スミヨシさん、ちわっス~。
ダンナ様はトマトお嫌いなんですか。
私はトマト大好きなので、そのお気持ちは分かりかねるのですが、
ちゃんと嫌いなヒトの視点で描けてましたでしょーか?
あ、ダンナ様にコレを読ませれば、トマト嫌いが直るかも(直るかっ!)。

ありがと~ございました~。
Commented by marine7marine at 2005-02-13 18:58
そうだなー
トマト嫌いの人にはフルーツトマトをお勧めします
あれっておいしいよね
トマトくささ、トマトすっぱさがなくって食べやすいのね
えー
そんなことどうでもいいんです
感想、感想っと
いいですねーメルヘンチックで
そんなにスプラッター、グロー、ブラックーという感じはしませんでしたよ
なんだかトマトの妖精と主人公のやり取りがとても好きです
なぜっていわれても良くわかんないんだけどつぼって言うのかなー
なんだかとってもすきなんです
オチはたぶん、主人公の妄想が実体化しちゃったというところでしょうか?

ひとつ引っかかったところー

>「そう…、味も臭いも最悪だけど、ただそれだけじゃない…。
トマトはイヤなコトばかり思い出させるのよ。」

と言うセリフで初めて主人公が女性だと気がつきました
作者が男性の場合、主人公の性別が定かでない時は男性として読んでしまうんじゃないでしょうか?
ここは最初のほうで女性だとわからせといた方が言いように思いました

Commented by YosssingLink at 2005-02-13 20:35
まりねさん、ちわ~ス。

「トマトはイヤなコトばかり…」の部分は結構始めの方だと思うんですけど、もっと早い段階でないとダメでした…?

め、メルヘンちっくっ…?!
…そうですか。。。このハナシの中で、少なくとも二人死んでるんですけど(もしくは死亡1名、重軽傷数名)…、ま、気に入っていただけたようで、なによりデス。

ありがと~ございました~。
Commented by marine7marine at 2005-02-14 00:45
うーん、でもねー最初、男か女かわからない時点では、ヨッシーさんの似顔絵が横にあるとどうしても主人公をヨッシーさんのイメージで読み始めちゃうんだよねー
途中であれ?ってなっちゃったんです

実は「トマトはイヤなコトばかり…」の部分では、ひょっとして女かな?
と言う感じでした
>イヤなコトばかり思い出させるのよ。」という言い方、ちょっとヤンキーのにいちゃんぽい言い方なのかなーって
その少しあと
>あのとき親がムリヤリ食べさせようとしたからだわ。
で、女性だと確信しました(笑)
そんなストーリーと関係ない部分で読者に疑問を持たせるのはちょとまずいんじゃないかなーって‥ま、まさかわたしだけー?!

メルヘンチックですよー
もともとメルヘンて言うのは残酷な話が多いですし
いやいや、そこらへんの童話の方がかえって残酷だったりしますしね
Commented by YosssingLink at 2005-02-15 02:42
まりねさん、ちわ~ス。
ぅうーん、、、その辺はむつかしーんですよね~。
「~だわ。」「~なのよ。」って言い方、最近、しなくなってきてますよね?
おすピーやKABAちゃん系のヒトらは使ってますが、それゆえ、ムリに使うとカマっぽかったり、オバさんぽかったり、芝居掛かって聞こえたりしません?
だったら最初に自己紹介さすなりナレーションで状況説明入れるなり方法はあるわけですが、そうなると今度は逆に、「なぜそこまでして説明する必要があったのか?」ってなったりとか。
この話の場合、性別はさほど重要ではないですし、ムリに説明しなくてもすぐに見えてくるのでソレで十分だとワタクシは思いまして。
長編ならば十分に説明を入れた方がいいかもしれませんが、尺が短いので進行に関わらない部分を詳しく述べるとその部分が目立ってしまい、「なんでソコに詳しく触れているのか?」という疑問が出てくると思いマス。
(つづく)
Commented by YosssingLink at 2005-02-15 02:42
(つづき)
情報は限られてるので、ヒトによってイメージは様々でいいと思いマス。
ですから、明かされるまでは主人公が男でも女でも子供でも老人でも犬でも幽霊でも、好きなように設定してもらっていいと思ってます。
ただ、ココだけはコレで行ってもらいたい!って部分だけこっちから提示します。そんなカンジっス。

んで、

童話が残酷ってのはありますね。大概子供向けにソフトにアレンジされてるみたいですね。
Commented by marine7marine at 2005-02-15 12:13
ヨッシーさんにはヨッシーさんのこだわり
わたしにはわたしなりのこだわりがあるってことでー
一件♪ラクカラーチャー♪

一件落着とラクカラーチャ(曲名)をかけたんだけど
わかった?
Commented by YosssingLink at 2005-02-16 00:52
ええ、もちろん!ラクカラーチャは現代人の共通言語ですからねっ!


…いえ、ホントは全然分かりませんでした(涙)。
「らくからーちゃ」って何語…?初耳でし。
Commented by marine7marine at 2005-02-16 03:14
メキシコ民謡「ラクカラーチャ」
いちどは耳にしたことあると思うよ
http://www5b.biglobe.ne.jp/~pst/douyou-syouka/04gaikok/lacuca.htm
ちなみにラクカラーチャってゴキブリのことらしいよ
Commented by YosssingLink at 2005-02-16 23:27
メキシコでの愛の告白には欠かせないという、『マリアッチ』ですか。
ええ、確かに聞いたことのあるメロデ~ですが、そんなタイトルでそんな意味だったのですか。
よくご存知で。つか、なぜご存知で?
Commented by marine7marine at 2005-02-17 21:36
この曲ってさー意外なところで聴けたりするね
コアーな場所でね
おいらNHKの教育TVがけっこう好きでね
小学校○年生の音楽の番組みたいなところで
子供たちが日本語に作詞されたものを歌ってたりする
訳詩じゃなくてっぜんぜんちがう内容に作詞されてたりね
Commented by YosssingLink at 2005-02-19 00:08
午前中のN教が見れるとわ、羨ましいですな。

「訳詩じゃなくてっぜんぜんちがう内容」

↑そりゃま、ゴキブリとかじゃ、アレですからネ…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 今日の『Mの悲劇』 No.013『LUCKY DAY』 >>