人気ブログランキング |

2005年 01月 31日 ( 1 )

昨日の『Mの悲劇』

いえ、そんなに熱心に見てるわけではないですが、とりあえず、展開があったので…。

前回までで、安藤 衛こと稲垣ごろーちゃんは、ハセキョー扮するリサだかミサだか(うろ覚え)にコテンパンにやられて何もかもを失ってました。
入院中の母親の治療費をすぐにでも振り込まないとならないってのに、1100万もの預金をごっそりハセキョーに盗まれる間抜け過ぎるごろーちゃん。
「君は僕に何の怨みがあるんだ?!」ハセキョーに問うごろーちゃん。
「安藤さん、私はあなたともっと前に一度会っているのよ?その時あなたが私にした仕打ち、思い出せたらお金は返すわ。」
ハセキョーが言った。
だが、全く思い出せないごろーちゃん。
「僕が君に何をしたって言うんだ?!何かあるなら言ってくれよ!」
「あなたのせいで、私の人生滅茶苦茶よ!思い出して謝るまで許さへんで!」
そんな不毛な言い争いを延々続けるハセゴロー。
んで、視聴者にはハセキョーの過去が明かされます。
その昔、通りでチーマー(?)に狩られるごろーちゃんを助けてくれたのは、ハセキョーの彼でした。退散するチーマー。フカブカとアタマを下げ、礼を言うごろーちゃん。
そんとき、カレの横にハセキョーが居たのですが…。
んで、その場を立ち去るごろーちゃん。そして、ごろーちゃんが通りの角を曲がり、消えていった直後、さっき撃退したチーマーが、ナイフを手にハセキョーの彼に突撃カマしたんですわ。
それで死んじゃったらしいです。いや、多分、次回のネタだと思うけど、正確には刺されて一生ギターが弾けなくなって、デビュー目前だったのにソレがダメになって、自殺したんだと思われます。
そんで、助けてもらった恩も忘れて順風満帆な人生を謳歌するゴローちゃんが許せなかったらしいです。ついでに、(昔、助けてもらったくせに)再会したときに「自分の身は自分で守らなきゃね。」って言ったのがカチンと来たらしいです。
でも、結局、そのことをごろーちゃんには言わないハセキョー。
だのに、「あんたのせいで!あんたのせいで!」ってソレばっかり言ってて、しまいにゃ「そんなに返して欲しけりゃくれてやるわ!」つって、ごろーちゃんの目の前で、1000万の札束を燃やすハセキョー。

なんだか、ドラマの演出的に、今回はごろーちゃんが恩知らずで自己中でうわべだけの冷たいヤツっぽく描かれてましたが、まだココまでを見る限りは断然ハセキョーが悪い!って感じですが。
言ってくれりゃ、ごろーちゃんだって素直に謝るだろーし、それなりの償いもするだろーに。
フツーは助けられたとはいえ、街中で数分、顔を合わせただけの人なんか、いつまでも覚えてるワケねーやん?
大手で営業職に従事する人間ともなれば、尚更いちいち覚えてられんわ。
しかも助けてくれた彼じゃなくて、その横に居た彼女の顔なんかそれこそどーでもええわ。
しかも当時と全然雰囲気もキャラもちゃうやんけ!
あと、ごろーちゃんが現場を去った後に起こった事件なんて、ごろーちゃんが知るわけないやんけ!?
言ってくれたらええやんけ!
そもそも思いっきり逆恨みやんけ!
怨むなら刺したヤツだろうが!?

↑…とまぁ、たった一時間足らずの放送で、激しく揺さぶられてる私(鴨)。
あ、もしかして、面白いんですか?このドラマ…?(いや、知らんて…)。
ED曲が何か好きです。(あ、そうですか…。)
by YosssingLink | 2005-01-31 23:23 | TVドラマ | Trackback(1) | Comments(2)